テニス ダブルス

サーブ

試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がアナタのサーブレベルです

自分のサーブの実力、しっかり把握出来ている人は少ない。

そう、たまに入るナイスサーブが、自分のサーブの実力だと勘違いしている人、本当に多いんですよね。

それって、試合の大事な場面で使えますか?

私が考えるサーブの実力、は・・・これです。

 

試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がアナタのサーブレベルです

 


 

1.バックハンドを確実に狙えるサーブ、打てますか?

まず、アナタにお聞きしたいのはこれです。

試合の大事な場面、で相手のバックハンドを狙うサーブ、打てますか?

「ファーストサーブなら、なんとか・・・」というのは、甘い。

セカンドサーブでもしっかり狙える、自信のあるレベルがアナタのサーブレベルです。

「アンダーサーブしか、自信が無い?」であれば、アンダーサーブがアナタのサーブレベル、なのです。

 

2.本気で狙えるサーブを身に付けたい、という意志はあるか?

アナタが試合に出ている選手であれば、いかにバックハンドに入れるサーブが有効かお分かりでしょう。

プロ選手でも、セカンドサーブは7割をバックハンド側に集めているという現実、を観れば分かります。

バックハンドに意識がいくと、リターン側は気持ちが引いてくる。

そう、何の意図も無いようなサーブは、相手にとって脅威に成り得ないのです。

 

3.ゆっくりした速度、だけど振り切ったサーブでコースを突く

本気で狙いを定めたサーブを身に付けたければ、まず速度は遅めでOK。

ただし、ラケットはしっかり振り切ること。

振り切った結果、しっかり軌道がバック側に入るようなサーブのイメージ、練習から養っていきましょう。

コツとしては、ネットの上に目標を作って大き目に打つ、山なりな軌道にすること。

試合の緊張した場面では、嫌でも縮こまったようなフォームになりやすいので、注意が必要です。

 

サーブを狙えない、ということに危機感を持っていますか?

それが無いと、かなり危険。

入れるだけ、速いだけのサーブ、試合巧者には一切通用しません。

また格下選手相手にしっかり勝つ為にも、バックハンド狙いが安定して出来るサーブは絶対に身に付けましょう。

それこそが、アナタのサーブレベルそのもの、なのですから。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  3. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

    サーブは深いのが大前提。深さがあるから相手も踏み込めないし、リ…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  6. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  2. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  3. シングルス

    シングルスの試合で、「どこに立って待てば良いのか・・・?」ポジショニングがよく分…
  4. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
  5. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要
PAGE TOP