テニス ボレー

サーブ

「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

サーブ&ボレーの選手が勝てなくなって久しいと言われていますが、それでもフェデラー選手は積極的にネットを取るプレーを増やしてきています。

年齢的にも、体力的にも、実はサーブ&ボレーには有効な対策が含まれているのでは・・・。

今回は、普段のテニスではまずやらないであろう人にこそ伝えたい、サーブ&ボレーのメリットをまとめてみました。

 

「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

 


 

1.見慣れていないから効果的

アナタの周りで、サーブ&ボレーをシングルスの試合で繰り出してくる人は、多くないはずです。

ストローク全盛期の今、ネットプレーに出るのは誰でも勇気が要ります。

ましてやシングルスでは守る範囲が広い。

だからこそ避ける人が多いのですが、つまりは、見慣れていないプレイヤーが多いということ。

アナタ自身がある程度練習して手堅いボレーができれば、相手は頭の中が整理できずに乱れ、ミスしてくれるかも知れません。

慣れていないということは、それだけ弱点でもあるということ。

試合で試してみる価値は、大いにあるでしょう。

 

2.体力が無くても勝てる

サーブ&ボレーでは、左右に走らされる機会も少なく、ラリーの時間も短くなります。

体力に自信が無い人には、もってこいの作戦です。

リターンダッシュもそうですし、前に行く、という動作はテニスでは自分の選択の基で行うことができます。

逆に「前に走らされる」と、これは疲労が溜まる一番の原因に・・・。

なるべく手堅いボレーで、ロブをケアして前に詰め過ぎないポジションを取ること。

それでキレイにパッシングされたら、それは相手を褒めておきましょう。

 

3.対戦相手が実力以上に自分を脅威に感じてくれる

サーブ&ボレーは、決まると本当に気持ちが良いポイントです。

特に試合の序盤では、ネットでポイントを獲られると非常に嫌なもの。

「この人は上手い・・・」と、相手が過剰に評価してくれる可能性が高いのです。

特に一般のトーナメントや学生の方の地方予選など、「格上に勝つのは厳しい」という意識が高い人ほど有効です。

とにかく試合では自分を大きく見せる、相手を勘違いさせる。

これでいきましょう。

 

4.何かを仕掛けて攻撃してくる相手は、レベルを問わず怖い

テニスの試合で一番嫌なこと。

それは、「何をして攻撃してくるか分からない相手」ではないでしょうか。

サーブ&ボレーを実践していると、「この相手は他にどんな武器、作戦を持っているんだろう・・・」と、考えてくれます。

3.にも近い内容ですが、攻撃してくる相手はテニスの試合で脅威になるもの。

それが一般的なストロークからの展開ではなく、サーブ&ボレーともなると、普段から練習できていないのでさらに不安が増していくでしょう。

こういった隙を突く為にも、サーブ&ボレーは有効なのです。

 

騙されたと思って、一度試合で使ってみて下さい。

ボレーが苦手?

それでも全然OKです!

相手にとっては「前に出られること」自体がプレッシャーになり、嫌なはず。

そして実践していくうえで、サーブ&ボレーに必要な技術も、アナタ自身で分かってくるはずです。

新しいことにチャレンジして、どんどん武器を増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

    ダブルスの試合で、サービスゲームのキープをリズム良く進めていきたい。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  3. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

    ダブルスの試合での、サービスゲーム。みなさんはサービスエースっ…

  4. テニス サーブ
  5. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう

    サーブが入って、どこか安心している自分。皆さん、気付きませんか…

特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  2. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!…
  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう
  5. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない
PAGE TOP