テニス フットワーク

メンタル

テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが大事です

強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、ありませんか?

コースを選んだり、作戦をしっかり遂行したり・・・が、やっぱり難しい。

そもそもラリーの最初のボールで押されてしまって、頭の中がいっぱいいっぱいになりますよね。

でも、いつまでもその状態を続けていても、ステップアップしていかないのがテニス。

「余裕がある状態」を作るには、「自分が余裕がある状態」を、しっかりイメージ出来ていないと難しい。

あえて、自分よりレベルが劣る相手とのラリー、避けてはいませんか?

 

テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが大事です

 


 

1.自分と同レベル、上手い人とばかりいつも練習してないですか?

確かに練習は、自分より上手い人とやった方が良いのが大前提です。

そこに必死で喰らい付いていく姿勢は、アナタのレベルアップに役立ちます。

しかし、試合の中で「余裕がある自分」になっていく為には、いつも精一杯のプレーだけでがむしゃらに打っていても成長しません。

自分がしっかりコントロールできるボールの速さ、威力、で相手を追い込んでいくくらいの感覚は、むしろ実力で劣る相手と練習した方が良い場合もあるのです。

ここを避けている選手が、実はテニス界には多い。

まぁ、当然上手い人と練習している方が、楽しいには楽しいのですが・・・。

 

2.自分より弱い練習相手には、先にミス出来ない

緊張感も、違った意味であります。

経験している方も多いと思いますが、部活で下級生とラリーするときには、それはそれで緊張感がありますよね。

相手は向かってくるし、自分はどっしり構えて先にミスは出来ない。

でも実力ではアナタが上な訳ですから、しっかり「余裕」をどこかで持っていないといけない。

この「余裕」という雰囲気が備わってきてこそ、テニスの試合で風格が出てくるというモノ。

普段からこういった意識で、意図的に実力が下の選手とも練習することは絶対に必要です。

 

3.「自分が余裕を持って打てる」相手のレベルを上げていこう

徐々に、気付いてくるはずです。

自分自身が試合をしていて、「ある程度余裕を持ってラリーできる」相手が、だんだんとレベルが上がっていくことを。

それこそまさに、アナタ自身のテニスが成長している証なのです。

その為には、しっかり確率の高いショットの練習、必要ですよね。

「少し前まで精神的に押されていた相手に、どっしり構えてラリーが出来る」ようになる為には、「余裕が出来ている自分のテニス」をイメージすることが大切です。

その為のトレーニング環境は、自分で意図的に作るようにしましょう。

 

すごく語弊のある言い方をすれば、テニスは全球一生懸命に、全力でプレーすることは出来ません。

もちろんそれが理想ですが、強い選手ほど試合に抑揚があり、メリハリがある。

それをコントロールできる、「余裕」があるからです。

自分より実力が劣る相手に、しっかり主導権を握る練習は意識しないとなかなか出来ません。

チームで部活で、ぜひ意識して取り組んでみて欲しいテーマなのです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう

    テニスの試合、調子や流れは行ったり来たり。だからこそ、アナタ自…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  4. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

    全力を出し切って試合を終える。簡単なようで、なんと難しいことで…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  2. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  4. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
PAGE TOP