メンタル

「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込んでいたのに、気が付けば最初の数ページを書いただけ。

もう今年も終わりなのに、なんで続かないんだろう・・・と悩んでいる人、いませんか?

テニスノートを継続して書き続けるには、ちょっとしたコツがあります。

 

「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

 


 

■練習、試合のすぐ後に書かないと続かない

一番書きたいことが溜まっているのが、練習や試合の直後です。

このタイミングを逃すから、書く気力が失われていってしまうのです。

本を買っても、買ったその日に読まなければ、その後に読まれる確率ってすごく低くなりますよね。

まずはノートをしっかり毎日持ち歩いて、練習や試合の後に書く時間を確保できるような習慣を付けてしまいましょう。

 

■ただ真面目に書いても続かない

真面目にやった練習や試合相手の情報のみを、ひたすら書いている方がいます。

とても大切な情報ですが、そこでアナタ自身が何を感じたか、感情の部分を書いてあげる必要があります。

ときに汚い言葉や、自分の意図しないような文章が出来上がってしまうかも知れません。

それこそ、アナタの生の言葉であり上達のヒントが隠されています。

誰に見られる訳でもないこのノート。

もっと赤裸々に綴ってみてることで、書く楽しさが芽生えてくるでしょう。

 

■読み返して意味がある内容かどうか

感情の変化は、後から読み直してみても面白い。

面白いと感じるから読み返すし、読み返すほどアナタのテニスノートは意味を成してきます。

ときには、読み返したくないページもあるでしょう。

ライバルとの試合で自分のミスから負けた試合、厳しい練習など・・・。

それらを財産にして次への糧にしていくのが、テニスノートの真の目的です。

 

■無意識に、カッコよく見せようと意識していないか

私自身そうでしたが、テニスもどこか「周りにかっこ良く観られたい」という願望があります。

それはテニスノートしかりで、綺麗にまとめようという意識があると、自分に対しても甘い言葉を並べてしまいがちです。

ここは、注意しましょう。

自分をネガティブに捉える必要はありませんが、弱い部分もさらけだして書くことが大切。

書くことで、その改善策を立てる為のプランを考えることができます。

弱い部分から眼を背け続けては、上辺だけのテニスノートになってしまいます。

 

結論、テニスノートでは、アナタの正直な感情をさらけ出してしまいましょう。

感情を出してしまうことで、スッキリして次の練習、試合に向けてスタートできるもの。

いつまでたっても自分の中に押し込めておくよりは、書いて可視化して、整理する。

この流れが出来てしまえば、テニスノートは書いていて楽しくなります。

ここまで来れば、しめたもの!

アナタの財産として、積み重ねていって下さい。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

  2. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

    「この試合は、勝ったな」と思える時。もちろん油断は出来ないです…

  3. メンタル

    メンタルが強い人は、〇〇を持っているだけ

    試合で崩れない人、メンタルが強そうに見える人。相手にすると、…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイン…
  2. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
  3. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
  5. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない
PAGE TOP