テニス 指導

メンタル

絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。

それは、間違いなくこういう試合でしょう。

苦しく、辛い結果が待っていること、だってたくさんあります。

でも、経験しないと強くたくましいテニス選手にはなれない。

このことだけは、改めて肝に銘じておいて欲しいと思います。

 

絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

 


 

1.一番嫌なのが、「勝って当たり前」の相手との試合

実際、そんな相手いないんですけどね。

でも、周りから見てこういうシチュエーションの試合、ってたくさんあるじゃないですか。

同じ学校の後輩との試合、スクール生同士の試合で下のクラスの人との試合。

間違いなく、やり辛いですよね。

でも、こういう試合こそ、アナタ自身の真価が問われると覚悟しないと。

そして、実際にアナタ自身を強くたくましくしていくのは、こういう試合なんですから。

 

2.絶対に負けられない試合、を乗り越えよう

まず大事なのは、こういう試合を経験していく、ということです。

避けようと思えば、避けることもできるかもしれません。

でも、試合に出続けている限りは、そうはいきませんよね。

相手は、失うものが無い状態で向かってくる、それを受け止めて戦うのは、至難の業。

だからこそ、強くなれるんですよ。

格下相手に、どう自分をコントロールして、どう勝っていくのか。

大事なのは、精神力とかそういう問題じゃないでしょう。

 

3.あくまで技術で、冷静に勝負する

どんな相手でも、これが基本です。

気持ちで負けない、以前に技術でしっかり対応する。

相手が向かってくるなら、必ずそこに隙が生じるのがテニス、ですから。

あくまで技術で対抗する、その準備を怠らない。

相手を恐れる必要もなければ、侮ることもしない。

これって、知っている相手だと難しいんですよね。

普段から、意識して「こいつとは、こう戦おう」と考えておかないと。

いざ試合、となったときに身体と頭が動かなくなりますよ。

 

4.絶対に勝たないといけない試合、その日の為に

格下相手、だけじゃないですよね。

大事な試合、大会、その決勝戦。

アナタ自身、常にそれをイメージしながら練習していかないと。

これは、なかなか難しい問題です。

その時のことは、何度思い出しても足りないくらい、しっかり練習のときに意識出来るようにしておかないと。

また試合の現場で、「あぁ・・・ちゃんと練習しておけば・・・」となりますから。

私たちには、時間も環境も限られている。

だからこそ、絶対に勝たないといけない試合を経験し、それを練習で活かしていくこと。

これは、誰かに教わってやらされて、出来ることではありませんから。

 

もちろん、負けてしまうこともあります。

絶対に勝たないといけない試合、に負ける経験だって、誰もが通る道ですから。

繰り返しますが、負けることが出来るのは試合に出るという勇気を持った人だけ、です。

乗り越えること、成長していくこと。

アナタ自身が逃げなければ、まだまだ道は拓けていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

    テニスの試合、対戦相手が一番欲しいもの。それって何でしょうか?…

  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

    私は今まで、全日本選手権や大阪ワールドスーパージュニア大会など、国内の…

  4. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

    団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの
  2. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から
  4. テニス スマッシュ

    フットワーク

    試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で
  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
PAGE TOP