テニス スマッシュ

その他

思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。

テニスの試合では、よくあるパターンです。

そんなときには、一旦思考を止めてみる。

ある意味、身体が動くままに任せてみる、というのも大事な一手になるはずです。

特にシングルスの試合では、会話する相手もいませんからね。

自問自答は大事ですが、やり過ぎて自分を苦しめてもまた、意味が無いのです。

 

思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

 

1.楽しんだもの勝ち、と考えてみる

テニスの試合、苦しいことばかりですが・・・やはり、この姿勢も大事です。

「せっかくだから、もっと楽しもう」と、自然に思えるかどうか。

特に考え過ぎて、準備したことが裏目に出ているような試合では、こういう切り替えも大事ですね。

思考を停止する、あくまで身体と心でテニスを楽しもうと自分に働きかけてみる。

そこからプレーが変わっていけば、きっとスコアも調子も戻ってくるでしょう。

 

2.思い通りに動かないとき、変えの一手があるかどうか

どうにも調子が悪いときって、絶対にありますよね。

例えばサーブ。

サーブが入らないと、もう何をやっても楽しく無いし上手くいかない、調子が上がらない。

気分が乗っていけないから、考えること自体が億劫になって、上手くいかない。

身体も動かない・・・ときに、次の一手がアナタにはありますか?

私は、3rdサーブも持っていて、とにかく遅くても入れにいくサーブ、を使います。

そして、もうとにかく走って返そう、一旦細かい作戦や思考は停止して、テニスを楽しもうと決める。

そうすると、自然と相手もやり辛さを感じてミスしてくれて、スコアが追い付いていく。

本当にキレイなテニスでは無いんですが、思考を止めてみると起きること、って絶対にテニスではあると思うんです。

 

3.緊張から身体が動かない、ことも想定しておこう

大事な試合になると、本当に緊張して動けなくなるときもある。

こんなときも、ガチガチに固めた作戦は逆に自分たちを苦しめるときもあるでしょう。

ポーチに動く、と伝えていても動けない、ときもあるでしょう。

ここまである程度、想定内で準備しておきましょう。

自分やパートナーを責めても、何も良いことは無い。

思考を停止して、「もう、お互いやりたいようにやろうか?」というポイントを作ったって良いでしょう。

緊張しているときに自分たちを苦しめること、は試合では逆効果ですしね。

 

4.考え過ぎて動けない、自分を変えていこう

でも、これってテニスの試合だけじゃないでしょう。

考え過ぎて動けない、たくさんの選択肢に身体が付いていかないこと、試合の現場以外でもあるはずです。

自分を変えていく勇気、ありますか?

きっと、テニスを変えていけば日常生活もちょっとずつ変わっていくと思うんですよね。

思考を停止して、どこかで思い切って動いてみる。

見えない何かを掴むつもりで、自分の殻を破ってみる。

考え過ぎて動けない・・・思考を止めてみると・・・実は素の自分、が見えてきたりするものです。

 

テニスって、本当に面白い。

考えて考えて、考え過ぎてやったことが上手くいかず、何も考えていないときにポンと出来てしまう。

でも、これだけは言えます。

ポンと出来たときも、それは日々、アナタがしっかり考えてテニスをしてきたからこそ。

思考を停止しても、それまで考えていたことはどこかに色濃く反映されるはず。

だからこそ、考え過ぎなくても大丈夫なんです。

きっとこのサイト、をご覧になっている方は、普段から嫌というほど考えているでしょうから。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える

    全国各地にある、テニスの強豪校と呼ばれる存在の学校。部活でしっ…

  2. テニス メンタル

    その他

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩いておこう

    テニスの試合では、同じ対戦相手と何度も戦うことになる。アナタが…

  3. テニス 構え
  4. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる

    部活の練習中に、「ファイトー!」「ファイトー!」という声、皆さんは出し…

  6. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか…

    今回は、男性中学生の方から頂いた質問です。よく「テニスは性格が…

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを…
  2. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
PAGE TOP