テニス メンタル

メンタル

試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるような気がする。

少し大げさですが、テニスの試合でも一緒。

絶対絶命、相手のマッチポイントや自分のブレイクポイント、でどう決断して挑むのか。

私は、「笑ってみる」という感覚、大事だと思っています。

 

試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

 


 

1.悲観的に準備するけど、実行は楽観的に

何度も書いてきましたが、テニスの試合、出来るだけ準備に全力を費やしたい。

だからこそ、すごく悲観的になるんですよね、試合前に。

「相手がこう来たら、こうやって・・・でも、それも対応されたら・・・」と、悲観的に準備する。

でも、いざ本番、それも自分のピンチの場面になったら、あえて「楽観的になる」ことも大事。

笑って、思い切って、自分を信じる。

そう思えたら、自然と笑顔になれるはずです。

 

2.ピンチが自分を強くする、成長させてくれる

試合の中で強くなっていく、とはこういうこと。

大きな試練、壁を、しっかり感じて乗り越えていく。

そういう経験が、テニス選手を成長させていく。

だからこそ、試合の中では長期的な視点で「今日もピンチを、ありがとう!」という気持ちを忘れずに。

悲観的に捉えていても、笑顔になれませんからね。

試合の中でそういう経験、が出来ることにまず感謝してみる、こともテニス選手としては大事な視点です。

 

3.絶対絶命の場面は、自分のチャンスでもある

自分を成長させてくれるチャンス、と同時に、まだ試合に勝つチャンスもある。

だって、相手の最高のチャンスをつぶすことが出来れば、自分に絶対にチャンスが来る。

だからこそ、笑えるんですよね。

笑って、相手と逆の立場になってやろう、マッチポイントを握り返してやろう、と思っておく。

そうやって勝つ試合って、最高に楽しいですからね。

もちろん、結果的にそのまま負けてしまうこともありますが・・・その時は、しょうがない。

ピンチに笑顔、で待てると何かが起きるかも知れません。

そのことだけは、覚えておいて損は無いでしょう。

 

笑顔は、運を引き寄せる。

そして相手に、どこかプレッシャーを与えてくれる。

手負いの熊、が笑顔で待っていると、嫌じゃないですか。

そんな自分を見て、早くトドメを刺そうとして焦って・・・くれるかも知れませんしね。

笑顔って、やっぱり力がある。

ピンチでニヤっと笑える、そんな選手になってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

    自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。長く苦しいこの道のり…

  2. テニス 並行陣

    メンタル

    テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

    毎日暑い時期になりました。どれだけ高いモチベーションでテニスを…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです

    セルフコントロール、出来る人は試合で強い。特に、自分で自分を鼓…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割
  3. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
  4. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意
PAGE TOP