テニス メンタル

メンタル

テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い

「熱い試合がしたい!」と考えているテニス選手の方は、多い。

先日実施したアンケートでも、大事な試合に勝ちたい、団体戦で頑張りたいという声をたくさん頂き、本当に嬉しかったです。

ですが、少し怖いなとも感じました。

そう、テニスの試合、現場のコートで熱くなり過ぎてしまうと、勝利から離れていくことも多いから。

熱くなるなら、私はむしろ試合の前だと思うんです。

 

テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い

 


 

■本当に勝ちたいなら、試合前の準備こそ勝負である

コートの中で、何が出来るのか。

それは、準備出来ていることしか出来ない、という覚悟が必要。

大事な試合で、試合前に円陣を組んで気合を入れたとしても、厳しいようですがあまり意味は無い。

ある意味、儀式みたいなものですから、やることに意味はあると思うのですが。

コートの中でやること、どんな作戦を準備・練習して、相手の観察や情報は?

そして自分が熱くなりやすいシチュエーションの対策も。

大体が相手のジャッジか、自分のミスへのイライラ、じゃないですか?

全ては準備、次第。

むしろ熱くなってここに、力を注ぐべきなのが、テニスの試合だと私は思います。

 

■試合中に感情的な選手から、勝つチャンスは逃げていく

感情的になって、良いことは無い。

これだけは、私はハッキリ言えます。

でも、自分を鼓舞するような雰囲気、動作は大事。

つまり、それって「演技」に近い。

全ては計算されていて、声も出すし表情も変える。

試合で、感情の赴くままに自分をさらけ出して・・・て、怖くないですか?

いきなりラケットを折って反則を取られる、みたいな選手になりたいなら別ですが・・・私はそうは思わない。

感情的になった選手から、勝利は逃げていくのです。

 

■日本人的な「敗者のメンタル」を、アナタには身に付けて欲しくない

こないだまでお正月でしたが、アナタはテレビのスポーツ中継を観ていて違和感、ありませんでしたか?

日本って、敗者を大事にする。

負けた選手、シードを逃した駅伝、高校サッカー、何でもそう。

負けた選手の涙をみんな見たいから、テレビでは熱烈に放送する。

これって、感情的になっていることをまるで美化するような感じで、私は好きではない。

確かに悔しいのは分かるし、泣きたい選手は泣けば良い、それくらい頑張って来たんですから。

でもあれをヒーローだと思っては、危険。

少し話がそれてしまいましたが、感情をコントロールすること、準備すること。

テニス選手なら、試合の現場で必要な力なのです。

 

前回「応援される選手は、自分を鼓舞出来る選手」と、書きました。

なんだか言ってることが違う・・・と思った方も、いるかも知れません。

私は、熱くテニスを出来る選手は大好きですし、自分もそうでありたいと思っています。

感情の波も、試合ではあるでしょう。

でもその上に、自分の理性が無いと・・・結果的に、試合には勝てないことが多い、ということ。

試合に勝ちたい人、を応援するのがT-PRESS、です。

これからも、宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

  2. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

  3. テニス 環境
  4. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

    あと少しで勝てそうなのに、追いつかれてまくられる。マッチポイン…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  6. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

    試合で結果が出る人、出ない人。ほとんど、実力差は無さそうでも、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶこと…
  2. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
  3. ロブ

    踏み込んで来る相手の、上を狙おう
  4. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!
  5. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること
PAGE TOP