テニス ボレー

ボレー

毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?

初心者の頃に習った基本、足を前に出して、踏み込みながらのボレー。

これは、確かに基本ですが試合で使えるかと言えば・・・大いに、疑問です。

実際に試合では、速いボールが飛んで来てそれをボレー、というような場面も多いですから。

毎回毎回、無理に前に踏み込もうとする必要は無いですよ。

 

毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

 


 

1.前に踏み込むことで、失うモノも多い

私自身、あまりボレーでは前に踏み込みません。

多少、足を前に出すことはありますが、かなり緩いボールをハイボレーするとき、くらいでしょうか。

その他の場面では、足をコートに付けたまま、の返球が多い。

その分、丁寧にラケット面を作る、上半身は少し捻って、ボールを呼び込むような感覚。

これだけで、ほとんどのボレーは上手く返球出来るはず。

無理に踏み込んでも、打点がおかしくなるだけですよ。

 

2.決定力が欲しいなら、ポジションを変えよう

「でも、ボレーで決めたい!」と思う方は、ポジションを変えましょう。

前に詰める、相手が打つ前にポジションを変える。

これが出来ないと、なかなか攻撃力は上がらない。

ネットの遠くから、前に踏み込んだボレーを打っても、ほとんど意味ないと私は思います。

だったら、前に詰める、ネット近くで触る。

決定力が欲しいなら、アナタ自身が大胆に動くことが大事です。

 

3.踏み込まないボレーで勝てる相手、には無理しない

みなさんも、出来るだけ3回戦くらいまでは、これで勝ち上がって欲しい。

無理せず、前に踏み込まないボレー。

これで、充分つないで、勝てるような感じ、でプレーして勝つ。

踏み込まないボレーで、つないで勝てるテニス。

並行陣でも、これが出来るとすごく強いですよね。

体力も温存出来るし、相手のミスを誘ってプレー出来る。

前に踏み込まないボレー、ぜひ練習から磨いてみて下さい。

 

4.両足固定で、ボレーボレーをやってみよう

私がオススメする練習はこれです。

オープンスタンス、正面向きに立って、ボレーボレー。

これを、出来るだけ両足を固定して行うこと、出来ますか?

最初はかなり、窮屈ですし難しいと思います。

でもこれでさばけるようになると、試合でもすごく強い。

実際は、少しは足を動かしてもOKですからね。

こうやって難しい環境に縛って、練習してみることをお勧めします。

 

足を動かさないボレー、これまたテニススクールでは怒られる技術かもしれません。

でも、実際に私たちの体力や筋力、を考えた時には、動かさないで打つこと、も大事な要素。

バランスは崩れないし、体力も温存出来る。

攻撃的にいきたいなら、ポジションを変える。

これで良くないですか?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

    試合で使える、実戦的なショット。私は、このドライブボレーはぜひ…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

    ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。私は何度も、これ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

    今回は、ボレーに必要なフットワークについて改めて。よくストロー…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    代表して生きることの意義
  2. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
PAGE TOP