テニス ボレー

練習メニュー

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。

ここで、ちょっと応用編。

ボレーボレーでしっかり試合でも使えるボレー、に変えていくために。

反応よく、守備力もアップ出来るこの形、皆さん出来ますか?

 

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

 

1.両足を固定して、何回ボレーボレー出来る?

皆さん、まずはやってみましょう!

足をサービスラインと並行に、肩幅くらいに開いて軽く膝を曲げる。

距離は少しネットから遠め、サービスラインの1歩ネット寄り、くらいの距離でやってみましょう。

そのままのボレーボレー、何回続きますか?

ハーフボレーもOK、でゆっくりでも続けてみる。

これって、実は試合で使うボレーにすごく近いんです。

 

2.上半身を少しひねって、ボールの下側を触って山なりにしよう!

コツは、上半身の使い方。

少しひねって、肩を入れてラケットでボールの下側を触りましょう。

相手側も足を動かさないので、コントロールが悪いと続かない。

だからこそ、良い練習になるんですよね。

ラケット面さえ出来ていれば、コースは安定する。

相手が打った瞬間に、自分のどこでどういうラケット面で打つのか?をパッと判断しないといけない。

このスピード感が、試合で使えるボレーの第一歩です。

 

3.足を動かさないで打てる、ようになれば踏み込むのは楽!

「あれ?でもボレーは踏み込んだ方が良くない?」と思いますよね。

確かにそうです。

特にファーストボレー、しっかり足を出して踏み込んで打ちたい・・・からこそ、足を動かさないボレーから練習すること、が効果的なんです。

足を動かさないボレーで速い準備が出来るようになると、踏み込むのは楽ですよ。

この形式でのボレーボレー、の後に普通のボレーボレー、してみて下さい。

きっとすごく楽、に感じるはずです。

 

自分でルールを縛ってみる、ときっと良い練習になる。

ボレーボレー、足を固定してやってみるとラケット面作りが上手くなる。

試合で使えるボレー、きっと身に付くと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

  3. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

    単純な球出し練習。これって、「意味あるの・・・?」と思いながら…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「出来ない」のではなく、「やっていない」だけ

    たくさんの方からお悩みのご相談を頂き、その内容を拝見して感じること、が…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  6. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  2. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
  3. テニス スライス

    ストローク

    試合の中で「相手を気にし過ぎて、ストロークが上手く打てない」人は、軌道をイメージ…
  4. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
PAGE TOP