テニス ボレー

練習メニュー

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。

ここで、ちょっと応用編。

ボレーボレーでしっかり試合でも使えるボレー、に変えていくために。

反応よく、守備力もアップ出来るこの形、皆さん出来ますか?

 

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

 

1.両足を固定して、何回ボレーボレー出来る?

皆さん、まずはやってみましょう!

足をサービスラインと並行に、肩幅くらいに開いて軽く膝を曲げる。

距離は少しネットから遠め、サービスラインの1歩ネット寄り、くらいの距離でやってみましょう。

そのままのボレーボレー、何回続きますか?

ハーフボレーもOK、でゆっくりでも続けてみる。

これって、実は試合で使うボレーにすごく近いんです。

 

2.上半身を少しひねって、ボールの下側を触って山なりにしよう!

コツは、上半身の使い方。

少しひねって、肩を入れてラケットでボールの下側を触りましょう。

相手側も足を動かさないので、コントロールが悪いと続かない。

だからこそ、良い練習になるんですよね。

ラケット面さえ出来ていれば、コースは安定する。

相手が打った瞬間に、自分のどこでどういうラケット面で打つのか?をパッと判断しないといけない。

このスピード感が、試合で使えるボレーの第一歩です。

 

3.足を動かさないで打てる、ようになれば踏み込むのは楽!

「あれ?でもボレーは踏み込んだ方が良くない?」と思いますよね。

確かにそうです。

特にファーストボレー、しっかり足を出して踏み込んで打ちたい・・・からこそ、足を動かさないボレーから練習すること、が効果的なんです。

足を動かさないボレーで速い準備が出来るようになると、踏み込むのは楽ですよ。

この形式でのボレーボレー、の後に普通のボレーボレー、してみて下さい。

きっとすごく楽、に感じるはずです。

 

自分でルールを縛ってみる、ときっと良い練習になる。

ボレーボレー、足を固定してやってみるとラケット面作りが上手くなる。

試合で使えるボレー、きっと身に付くと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

    今回は、久々に練習メニューの紹介を。意外と試合で使えると有効な…

  2. テニス トレーニング
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

    普段、みなさんも練習していると思います。ネットを挟んで、短い距…

  6. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること
  2. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考え…
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  4. テニス 計算

    その他

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアッ…
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
PAGE TOP