テニス ボレー

練習メニュー

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。

ここで、ちょっと応用編。

ボレーボレーでしっかり試合でも使えるボレー、に変えていくために。

反応よく、守備力もアップ出来るこの形、皆さん出来ますか?

 

ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

 


 

1.両足を固定して、何回ボレーボレー出来る?

皆さん、まずはやってみましょう!

足をサービスラインと並行に、肩幅くらいに開いて軽く膝を曲げる。

距離は少しネットから遠め、サービスラインの1歩ネット寄り、くらいの距離でやってみましょう。

そのままのボレーボレー、何回続きますか?

ハーフボレーもOK、でゆっくりでも続けてみる。

これって、実は試合で使うボレーにすごく近いんです。

 

2.上半身を少しひねって、ボールの下側を触って山なりにしよう!

コツは、上半身の使い方。

少しひねって、肩を入れてラケットでボールの下側を触りましょう。

相手側も足を動かさないので、コントロールが悪いと続かない。

だからこそ、良い練習になるんですよね。

ラケット面さえ出来ていれば、コースは安定する。

相手が打った瞬間に、自分のどこでどういうラケット面で打つのか?をパッと判断しないといけない。

このスピード感が、試合で使えるボレーの第一歩です。

 

3.足を動かさないで打てる、ようになれば踏み込むのは楽!

「あれ?でもボレーは踏み込んだ方が良くない?」と思いますよね。

確かにそうです。

特にファーストボレー、しっかり足を出して踏み込んで打ちたい・・・からこそ、足を動かさないボレーから練習すること、が効果的なんです。

足を動かさないボレーで速い準備が出来るようになると、踏み込むのは楽ですよ。

この形式でのボレーボレー、の後に普通のボレーボレー、してみて下さい。

きっとすごく楽、に感じるはずです。

 

自分でルールを縛ってみる、ときっと良い練習になる。

ボレーボレー、足を固定してやってみるとラケット面作りが上手くなる。

試合で使えるボレー、きっと身に付くと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  2. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

  3. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

  4. テニス 練習
  5. テニス メンタル
  6. 練習メニュー

    テニスに慣れてしまった時点で、成長は止まる

    知らないうちに、テニスに慣れてしまっている。これは、誰しもが感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「スコアを追いつくこと目標」だと、逆転なんて夢のまた夢
  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね…
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?
PAGE TOP