テニス スマッシュ

ボレー

ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてくれます

ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます。

前に詰めてしっかり決めるとき、またはネットから離れた場所から繋ぐ、そして相手がそれをポーチに来ていればアングルでかわす・・・など、アナタは適格に判断・実践できていますか?

今回は改めて、見落とされがちな「しっかりブロックしてつなぐ」というボレーを継続的に出来るようなコツについて、考えてみます。

 

ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてくれます

 


 

■特にミックスダブルスの女性には、必須で求められるスキル

ミックスダブルスでは、どうしても女性が狙われます。

その他男子・女子ダブルスでも、実力差があるペアであれば当然、ここぞというポイントでは実力で劣る選手が狙われるでしょう。

そういったときに対戦相手として嫌なのは、粘りのプレー、繋ぎのプレーに徹したテニスをされること。

決して良いボレーではなくとも、しっかり時間を稼いだスライスボレーを返球し続ければ、攻撃する側にリスクが生じてきます。

頑張っているうちに、ペアが助けてくれるかも知れない。

しっかりと我慢のテニスができるかどうか、がまず試合では重要です。

 

■打点は後ろ、足を動かさないでブロック、のイメージができますか?

ネットプレー、ボレーの基本は横向きで足を前に踏み出していくこと。

それでも余裕が無い、相手のボールに押されているときにはそうも言ってられません。

上半身だけでも少し横向き、そして打点は多少後ろになってもしっかりブロックしたボレーで相手コートに返球する為に必要なものは何か。

ラケット面をしっかり上に向けることと、打点に顔を残して振り過ぎない、そして身体に近いボールであれば、そのまま足を動かさないことです。

そうすることで動作自体を最小限に留められますので、安定した返球がしやすくなります。

出来る限り焦らず、シンプルに・・・を意識しましょう。

 

■緩いボールも慌てずハーフボレー&踏み込みを使いましょう

そうやって凌いでいて、いきなり「フワッ」とした緩いボールが来ることもあります。

その時にリズムを崩さないようにしっかり足を動かして前にいく、あるいは1歩後ろに引いてワンバウンドさせる、といった落ち着いたプレーを出来るようにしておきたい。

普段の練習から、この緩急のあるボレーに対応できるよう、仲間にもスライスを混ぜてもらうなどして工夫しましょう。

試合巧者の相手は、粘る相手にはミスを誘う為に緩急を使ったテニスで仕掛けてきます。

しっかり対応できるように、心の準備はしっかりしておきましょう!

 

速いボールに対して、本能的に大きなフォームで打ってしまう、反応してしまう人が多いのが気になります。

大事な試合で気合いが入ると、なおさらテニスが荒っぽくなってしまう・・・では、獲れるポイントも獲れません。

攻められているときこそ、シンプルにまずはイーブンに戻せるかどうか。

相手のローリスクな攻撃を、少しずつハイリスクな攻撃に移行させていけるかどうかが、テニスの試合の鍵です。

粘りのネットプレー、ぜひこの機会に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?

    「困った時にはバックのハイボレーを打たせよう!」そう考えたこと…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!…

    「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはあ…

  5. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う
  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
  4. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜い…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう
PAGE TOP