テニス スマッシュ

ボレー

ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてくれます

ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます。

前に詰めてしっかり決めるとき、またはネットから離れた場所から繋ぐ、そして相手がそれをポーチに来ていればアングルでかわす・・・など、アナタは適格に判断・実践できていますか?

今回は改めて、見落とされがちな「しっかりブロックしてつなぐ」というボレーを継続的に出来るようなコツについて、考えてみます。

 

ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてくれます

 


 

■特にミックスダブルスの女性には、必須で求められるスキル

ミックスダブルスでは、どうしても女性が狙われます。

その他男子・女子ダブルスでも、実力差があるペアであれば当然、ここぞというポイントでは実力で劣る選手が狙われるでしょう。

そういったときに対戦相手として嫌なのは、粘りのプレー、繋ぎのプレーに徹したテニスをされること。

決して良いボレーではなくとも、しっかり時間を稼いだスライスボレーを返球し続ければ、攻撃する側にリスクが生じてきます。

頑張っているうちに、ペアが助けてくれるかも知れない。

しっかりと我慢のテニスができるかどうか、がまず試合では重要です。

 

■打点は後ろ、足を動かさないでブロック、のイメージができますか?

ネットプレー、ボレーの基本は横向きで足を前に踏み出していくこと。

それでも余裕が無い、相手のボールに押されているときにはそうも言ってられません。

上半身だけでも少し横向き、そして打点は多少後ろになってもしっかりブロックしたボレーで相手コートに返球する為に必要なものは何か。

ラケット面をしっかり上に向けることと、打点に顔を残して振り過ぎない、そして身体に近いボールであれば、そのまま足を動かさないことです。

そうすることで動作自体を最小限に留められますので、安定した返球がしやすくなります。

出来る限り焦らず、シンプルに・・・を意識しましょう。

 

■緩いボールも慌てずハーフボレー&踏み込みを使いましょう

そうやって凌いでいて、いきなり「フワッ」とした緩いボールが来ることもあります。

その時にリズムを崩さないようにしっかり足を動かして前にいく、あるいは1歩後ろに引いてワンバウンドさせる、といった落ち着いたプレーを出来るようにしておきたい。

普段の練習から、この緩急のあるボレーに対応できるよう、仲間にもスライスを混ぜてもらうなどして工夫しましょう。

試合巧者の相手は、粘る相手にはミスを誘う為に緩急を使ったテニスで仕掛けてきます。

しっかり対応できるように、心の準備はしっかりしておきましょう!

 

速いボールに対して、本能的に大きなフォームで打ってしまう、反応してしまう人が多いのが気になります。

大事な試合で気合いが入ると、なおさらテニスが荒っぽくなってしまう・・・では、獲れるポイントも獲れません。

攻められているときこそ、シンプルにまずはイーブンに戻せるかどうか。

相手のローリスクな攻撃を、少しずつハイリスクな攻撃に移行させていけるかどうかが、テニスの試合の鍵です。

粘りのネットプレー、ぜひこの機会に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必要!

    俺が初めて試合に出場した高校一年生の5月、その段階では、フォアはフラッ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?

    並行陣の練習をしていると、この壁にまずぶつかるはず。ネットよ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
  2. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  5. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました
PAGE TOP