テニス リターン

メンタル

相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

相手のサーブの調子が良い。

そんな試合ほど、つい焦ってしまいますよね。

相手のサーブが良いと、プレッシャーも凄い。

でも、試合に勝ち進んでいけば、サーブが乱れる相手は少なくなる。

アナタ自身、心の準備は大丈夫ですか?

 

相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

 


 

1.相手のサーブに、期待しない

3回戦くらいまでは、相手のサービスゲーム、そこまで脅威ではないはず。

どちらかと言えばサーブが苦手、ダブってくれるような相手も多いでしょう。

でも、その先に勝ち進んでいけば、様相は変わって来る。

サーブが得意、安定感のある相手、も多いじゃないですか。

そこで、焦ってしまってはいけない。

相手サーブに期待しない、ということ。

改めて、ここに強い意志を持つことが大事です。

 

2.相手のサーブと、張り合わないこと

よく男性の方で多いんですが、相手のサーブが良いと張り合ってしまう人。

エースを取られたら、エースを取り返す意欲が高まってしまう人、いませんか?

これは、感情的になっているだけ、良いことは何もありません。

相手のサーブと張り合わず、自分は自分のスタイルを貫かないと。

調子が良い相手、を受け入れてしっかり対抗していく。

自分のサービスゲーム、は自分のリズムでキープしていくに限ります。

 

3.1ブレイクで勝敗が決まる、ことを覚悟しよう

強い相手との試合は、こうなるはず。

1回のブレイク、その差で勝敗が決まる。

4-6、または6-4で終わるようなしびれる試合、になるでしょう。

そこに、プレッシャーを感じますか?

きっと、アナタ自身のサービスゲームの準備がしっかり出来ていれば、そんなに焦る必要はありません。

相手の調子が良いと、「自分は落とせないな・・・」と思いますよね。

そう、落とせないんです。

厳しいようですが、これが強い相手とのテニスの試合ですから。

覚悟を決めて、神経戦に挑んでいきましょう。

 

4.でも、良いサーブの調子を乱すには・・・?

やはり、シンプルにまず返すこと。

リターンをしっかり、相手コートに入れる、3球目を打たせる。

これが大事なんですよね。

相手の調子を下げるには、まずラリーに持ち込んでプレーさせる。

そうすれば、サーブを打ちながら「次」を考えさせることが出来ますから。

エースやフリーポイントが多いと、ますますサーブに集中されてしまう。

これだけは避けたいところ、ですね。

 

相手のサーブの調子が良いと、ガックリ来てしまう。

気持ちは分かりますが、アナタ自身が倒していく相手は、そんな相手ばかりなはず。

しっかり喰らい付いて、1ブレイク差で勝つ。

これも、アナタ自身のリズムになっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

  2. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

  3. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

    試合前は、いつだって緊張する。それはどんなに試合慣れした人でも…

  6. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

    テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。格…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 序盤

    その他

    テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと
  2. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?
  3. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  4. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?
  5. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から
PAGE TOP