テニス メンタル

戦術

テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。

言葉の意味を調べてみると、「文章・音声などで、調子を上げ下げすること。その高低・起伏。」のような感じ。

テニスと何が関係あるの?と思うでしょうが、実は私はこれが大事だと思います。

自分の中で、試合の中で「ここはいくぞ!」という画面と、「ここは我慢だ・・・」という場面を作る。

意識出来るかどうか、で試合はだいぶ違ってくると思いますよ。

テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

 

1.調子は自分でコントロールしていくもの

調子が良い、悪いって、皆さん「外部の要因」と決めていませんか?

天候が悪い、風が強い、体調が悪い・・・から、調子が悪い、みたいな思い込み、多いですよね。

でもそれは、いつまで経っても勝てない人の考え方。

調子って、結局は周りから「どう見られているか」次第。

調子が良い時間、悪い時間は、自分でコントロールしていく意識が大事。

それが、テニスの試合の中で「抑揚」を作る、ということ。

自分の中でコントロールしていく意志、を持てば、調子なんてどうにでもコントロール出来るのがテニスです。

 

2.「抑揚を作る」って、どういうこと?

私はいつも試合の中で、「ここは取りたい」というゲームを先に決めておきます。

それは、3-3くらいでのリターンゲーム。

テニスの試合は、1ブレイクで勝てば良い。

だからこそ、中盤でブレイクして、そのまま終盤まで自分はキープが理想。

ですので、「調子が良い」ゲームを中盤のリターンゲームにもっていく、ことを意識する。

「そんなに都合よく、調子が上がっていくの?」と思う方がほとんどでしょう。

これはもう、強引に上げていく。

強気なプレーを入れて、自分が得意なパターンで勝負する。

周りから見ると、一気に調子を上げてきた「ように」見えるでしょう。

テニスの試合に強い人は、こういう抑揚を意識しているんだと思います。

 

3.調子が悪いゲームを、いかに我慢するか

試合の流れは一瞬で変わる。

だからこそ、しっかり意識して「我慢」する時間帯も必要です。

2.で書いたように自分が中盤でブレイクしたら、当然相手も取り返そうと必死になって来ますよね。

そこをいかに、粘れるか、も大事な要素。

ファーストサーブを入れて、少し下がってしっかり高い軌道で返球する。

自分なりに、相手が攻撃して来るときにどう凌ぐか、を考えておきましょう。

調子が悪いゲームって、よく考えたら自分の調子が悪いというよりも「相手が攻勢に出て来ている」ような場面ですからね。

冷静に考えて、自分で「抑揚」を意識して試合を進めていきましょう。

 

4.一定のペースの試合進行、だと弱い!

これは私の主観ですが、試合に勝てない人って、ずっとペースが一定なんですよね。

試合の。

ずーっと同じようなスピード感、ゲーム内容、で試合が最後まで続く。

見ている方もつまらないし、やっている本人も何がしたいのか分からない・・・。

自分なりに、抑揚をつけてみること、意識してみませんか?

失敗したって良いじゃないですか、試合の中でリズムを作る。

「ここで取るぞ!」「ここは我慢だ!」というゲームを意識して作る。

これだけで、だいぶ違ってくると思いますよ。

 

試合を受け身に捉えると、全ては相手任せ、外部要因次第。

それって、不安定だし大事な試合を動かすのは難しいですよね。

何度も書いてきましたが、テニスの実力は関係ありません。

自分の中で、決めて動けるかどうか。

テニスの試合の中での抑揚、私は大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

    試合前に、準備を整える。これは、テニス選手として必要なことでしょう…

  2. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さないことが大事!

    テニスの試合で洞察力が鋭い選手は、どこをまず見ているのか。相手…

  3. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術

    試合の中で、みなさんの技術を支えるもの。私は、大きく2つに分け…

  4. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  5. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

  6. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

    テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い
  3. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れ…
  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識…
PAGE TOP