テニス メンタル

戦術

テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。

言葉の意味を調べてみると、「文章・音声などで、調子を上げ下げすること。その高低・起伏。」のような感じ。

テニスと何が関係あるの?と思うでしょうが、実は私はこれが大事だと思います。

自分の中で、試合の中で「ここはいくぞ!」という画面と、「ここは我慢だ・・・」という場面を作る。

意識出来るかどうか、で試合はだいぶ違ってくると思いますよ。

テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

 

1.調子は自分でコントロールしていくもの

調子が良い、悪いって、皆さん「外部の要因」と決めていませんか?

天候が悪い、風が強い、体調が悪い・・・から、調子が悪い、みたいな思い込み、多いですよね。

でもそれは、いつまで経っても勝てない人の考え方。

調子って、結局は周りから「どう見られているか」次第。

調子が良い時間、悪い時間は、自分でコントロールしていく意識が大事。

それが、テニスの試合の中で「抑揚」を作る、ということ。

自分の中でコントロールしていく意志、を持てば、調子なんてどうにでもコントロール出来るのがテニスです。

 

2.「抑揚を作る」って、どういうこと?

私はいつも試合の中で、「ここは取りたい」というゲームを先に決めておきます。

それは、3-3くらいでのリターンゲーム。

テニスの試合は、1ブレイクで勝てば良い。

だからこそ、中盤でブレイクして、そのまま終盤まで自分はキープが理想。

ですので、「調子が良い」ゲームを中盤のリターンゲームにもっていく、ことを意識する。

「そんなに都合よく、調子が上がっていくの?」と思う方がほとんどでしょう。

これはもう、強引に上げていく。

強気なプレーを入れて、自分が得意なパターンで勝負する。

周りから見ると、一気に調子を上げてきた「ように」見えるでしょう。

テニスの試合に強い人は、こういう抑揚を意識しているんだと思います。

 

3.調子が悪いゲームを、いかに我慢するか

試合の流れは一瞬で変わる。

だからこそ、しっかり意識して「我慢」する時間帯も必要です。

2.で書いたように自分が中盤でブレイクしたら、当然相手も取り返そうと必死になって来ますよね。

そこをいかに、粘れるか、も大事な要素。

ファーストサーブを入れて、少し下がってしっかり高い軌道で返球する。

自分なりに、相手が攻撃して来るときにどう凌ぐか、を考えておきましょう。

調子が悪いゲームって、よく考えたら自分の調子が悪いというよりも「相手が攻勢に出て来ている」ような場面ですからね。

冷静に考えて、自分で「抑揚」を意識して試合を進めていきましょう。

 

4.一定のペースの試合進行、だと弱い!

これは私の主観ですが、試合に勝てない人って、ずっとペースが一定なんですよね。

試合の。

ずーっと同じようなスピード感、ゲーム内容、で試合が最後まで続く。

見ている方もつまらないし、やっている本人も何がしたいのか分からない・・・。

自分なりに、抑揚をつけてみること、意識してみませんか?

失敗したって良いじゃないですか、試合の中でリズムを作る。

「ここで取るぞ!」「ここは我慢だ!」というゲームを意識して作る。

これだけで、だいぶ違ってくると思いますよ。

 

試合を受け身に捉えると、全ては相手任せ、外部要因次第。

それって、不安定だし大事な試合を動かすのは難しいですよね。

何度も書いてきましたが、テニスの実力は関係ありません。

自分の中で、決めて動けるかどうか。

テニスの試合の中での抑揚、私は大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

    「また今日もこの練習か・・・もう出来るし、飽きたよ」という声が…

  2. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

    試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?上手くポイン…

  3. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です

    テニスを長く続けていると、どうしても「ケガ」する機会が増える。…

  4. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!
  4. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
  5. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
PAGE TOP