テニス ストローク

ストローク

逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。

今回は、「空間を作る」という部分に焦点を当てて、考えてみたいと思います。

ダイナミックに、大きなスウィングでボールを打っていくには、この発想が大事です。

 

逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

 


 

1.ボールからしっかり離れることで、ダイナミックなストロークになる

フォアハンドの逆クロス、打っているんだけどあまり武器になっていない・・・という方は、まずボールから離れてみる。

アナタが思っている以上に、きっとスウィング自体が窮屈になっているのがポイントだと思います。

「フォアで回り込める!」と思ったら、しっかりバウンド地点と打点から、離れる意識を持つ。

そしてしっかり腕を伸ばして打点を前、で捕らえられるように速く準備してみましょう。

きっと伸びのあるボール、が打てると思いますよ!

 

2.不安になるとボールに近付きたくなる、のがテニス

ストロークでもそうですが、人は不安になるとボールに近付きたくなる。

でも、どんなに近付いても、テニスという競技はボールを「持つ」ことって出来ないんですよね。

打ち返すしかない。

であれば、打ち返せす為の、ラケットを振るスペースを自分から意識して作らないと。

不安な自分、ボールに近付きたくなる自分をコントロールすることこそ、逆クロスのようなダイナミックなストロークの準備には不可欠です。

 

3.空間を作ることに慣れれば、ボレーでも何でも応用出来る

抽象的な表現ですみません。

「空間を作る」という意識は、ぜひテニスをやりながら磨いていって下さい。

ボールとの距離感を一定にする、いつも自分の周りの空間は一定の空気が流れているような雰囲気、が大事です。

「何を言ってるんだか」と思うかも知れませんが、強い選手はいつもボールとの距離が一定ですよね。

あれは細かく動いて、調整しているんです。

それも、相手が打った瞬間に、です。

 

見えない部分での微調整、伝わらない部分での準備。

細かい部分の積み重ねが、逆クロスの安定したフォアハンドを作っていく。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

しっかりボールから離れて空間を作り、それを一定にしていく。

武器として磨いていく、第一歩だと思います!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

    もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであ…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  4. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか…

  5. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  6. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスで…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない
  3. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  4. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう
  5. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
PAGE TOP