テニス ストローク

ストローク

ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう

自分のストロークに、「力強い伸び」が足りないと感じている人。

たくさんの相談を頂きますが、グリップはスウィングする腕、ばかりに意識がいっていませんか?

もっと、土台部分から見直してみる。

そう、テニスの基本である止まって打つ、という部分を見直してみて損は無いでしょう。

 

ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう

 


 

1.止まって打てるから、下半身を使ったストロークになる

最近のプロ選手の試合を観ていると、チャンスではジャンプして打つような場面、多いですよね。

「なんだ、動きながら打つストローク、有りじゃないか!」と思った方、少し考え方が危険です。

プロ選手はチャンスでも、しっかり一旦間を作って止まって、そこからコートをキックするようにしてボールに力を伝えている。

結果的にジャンピングショットのような恰好になっていますが、その前の基本としては、しっかり止まって打っている。

足を止めて、スタンスを決めてストロークを打つ、のがあくまでテニスの基本部分、です。

 

2.しっかり止まるからこそ、ラケットが縦方向のスウィングになる

しっかりとストロークで回転をかけること、は現代テニスでは不可欠な要素です。

回転をかけるには、ラケットを下から上、またはスライスのように上から下、と縦方向に動かしていかないと難しい。

しっかり足を止めて下半身で土台を作っておけば、自然とラケットは縦方向に動かせる。

これがボールに追い付けていない、中途半端な状態だと・・・横振りになってストロークが安定しないし、威力も出ない。

速く動く、止まる、下半身から力を伝えるように、縦方向にラケットを振る、というストロークの基本、見直してみましょう。

 



 

3.打点に先回り出来れば、体重移動も出来る!

しっかり打点に先回り、出来て止まって打てれば、体重をボールにも乗せられる。

そうすれば、アナタのストロークにはまだまだ伸びが出るし力強さを増していく。

フラフラしながら動く、のではなくて先回り出来るように、しっかり動き出しを速くしてタタタッと動いて止まること。

ここまで意識出来れば、もう試合向きのストローク、の第一歩です。

体重移動する為には、その準備として止まることが不可欠、なんです。

 

速く動く癖を身に付ければ、余裕が生まれる。

自信無さそうに見える人って、大抵がフラフラ動きながら、止まれていない人が多い。

上半身の打ち方だけ工夫しようとしても・・・そりゃ、無理ですね。

フットワークの基本、にアナタのストローク力アップの秘密がまだまだあるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

  2. テニス 練習
  3. テニス フットワーク
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

    試合の中で、ストロークミスが多い人。は、そもそも打点がおかしい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

    上達している実感はあるのに、結果が伴わない。結果が伴わないから…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの
  2. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番…
  4. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為
PAGE TOP