テニス 粘り

ストローク

肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。

私は何度も、「甘くなって良いから、どんどん打とう!」と書いてきました。

でも、やっぱり打っていると、より精度の高いドロップショットを打ちたくなりますよね。

強い相手なら尚更、でしょう。

であれば、今回はその基本について。

私なりに、一番気を付けているポイントを書いてみたいと思います。

 

肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

 

1.しっかり横向きを作れば、効果的!

ストロークの基本でもありますが、ドロップショットを打つ時にはオープンスタンスって、あまりない。

しっかり踏み込んだクローズドスタンス、のような感じで、スタンスも横向き、で打つと上手くいきます。

相手コートにしっかりと打ち込むように、肩を入れる。

肩を入れた状態を、数秒間相手に見せる、くらいの感覚で良いでしょう。

そうすることで、相手は「懐が深いな・・・」と感じてくれる。

何だか、強くて深いショットが飛んで来そうですしね。

ドロップショットを打つのに、この心理戦は大事。

ぜひ、しっかりまず肩を入れて欲しいんです。

 

2.肩を入れれば、ボールの出どころが見え辛い

相手にとって、嫌なこと。

それは、「ボールの出どころ」が見えにくいことです。

野球のピッチャーでも、打ち辛いと思います、ボールを離すポイントが見え辛い選手って。

テニスでもそれは同じ。

ラケット面が見えない、横向きで少しでも隠すことが出来れば、それは相手にとって結構嫌、なポイントになる。

横向きで肩を入れるだけで、実はこの「リリースポイントを隠す」という動作は完了するんです!

 

3.逆クロス方向が、打ちやすい理由とは?

しっかり肩が入ったら、逆クロス方向に打っていく。

打ちやすい理由は、簡単です。

そのまま、打つ方向が自分で見えるから。

肩が入った状態からクロス方向に打とうとすると、自分の背中の方向に向かって打つ感じ、になるじゃないですか。

ドロップショットで、それは難しい。

だったらシンプルに、肩を入れて逆クロス、自分の足と肩に並行な方向にスライスで打っていく、のが良いでしょう。

いかにも「打つぞ!」という演技力も大事です。

 

4.打点は高い方が良い?いや、低めでOKです

最後に、打点の高さですね。

これは、私は何度も「打点が低いのは、ダメだ!」と書いてきましたが・・・ここでは、例外が適応されます。

打点は低めで良いんです。

膝くらいの高さ、がスライス回転もかけやすい。

逆に高い打点って、なかなかスライス回転かけ辛いですよね。

低い打点まで引き付けて、山なりな軌道をイメージして逆クロス方向、に打ってみて下さい。

きっと、思いのほか楽に打てるはずですよ。

 

何となくイメージ出来たら、後は練習ですね。

しっかり回り込んで、出来ればフォアハンドで肩を入れる。

その後に膝の高さまでボールを落として、逆クロスにスライスで落としていく。

やることは、これだけ、です。

ベースラインから、どういう軌道を描くと入りやすいのか。

ぜひ自分なりに探ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント

    テニスコートは長方形で、ネットはセンターが低い。だからこそ、シ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

  4. テニス ロブ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ちょっと相手を追い込んで、すぐ安心する選手はいつまで経っても試合では勝てない

    ストロークのラリー、力はあるのに試合で勝てない人は・・・詰めが甘い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう
  3. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう
  4. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
  5. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために…
PAGE TOP