テニス フットワーク

ストローク

ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう人はココをチェック!

テニスの試合、浅いボールはチャンス・・・と思える人、は試合に強い。

試合に弱い、勝てない人は、浅いボールはチャンスではなくむしろピンチになってしまうかも・・・。

浅いボール、結構ギリギリで届いたときに、アナタの返球はどんな感じになっていますか?

ぽわーんと浮いたボールで返球、の後に相手から攻撃される・・・なんて風にならないように、しっかり相手にとって「嫌」なボールを返球出来るようにしましょう!

 

ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう人はココをチェック!

■ラケットをボールの下、に入れるのは危険!

返球したい、という想いが強いと、どうしてもラケットをボールの下に入れたくなる。

間違い、ではありませんが、それだと山なりな返球になって相手のチャンスになりやすい。

強い相手は、しっかり次の返球で仕留めようと狙っている。

アナタは、相手の作戦通りに前におびき出されているだけかも・・・。

ボールの下、にラケットを入れるのではなく、ここは勇気を出してボールの後ろをコツン、と打ってしっかり直線的なボールで深い位置に返球出来るようにしましょう。

 

■まずは深く返球して、次のボレーに備えてポジショニング

浅いボールをギリギリキャッチ、するときにはまず相手コートの深い位置に返球したい。

ですので山なり、よりは少しフラット気味にボールの後ろを捕らえて、フォロースルーを前に出していきましょう。

手首を使うのではなく、肩を支点に腕全体でボールを押し出していくように意識してみて下さい。

深く打てた後は、ボレーで勝負!

しっかり良いポジションを取って、相手のパッシングショットやロブに備えましょう。

 

■ダブルスの試合では、相手前衛の頭の上を狙うのも有り

今までの説明は、シングルスを想定したもの。

ダブルスでは、どんな場面が想定されるでしょうか・・・?

まずは、雁行陣の前、に浅いボールが来たときですよね。

このときには、相手の前衛の頭の上を狙ってロブを打つのもあり。

そんなときには、ラケットをボールの下に入れて、しっかり軌道を高く打てるように調整しましょう。

シングルスなら直線的、ダブルスで前衛を抜くならしっかり山なり、と浅いボールの対応を使い分けられれば、アナタは立派な試合巧者です!

 

浅いボールは、しっかり走りながら打つイメージを固めましょう。

結論が出ないままに打つことになると、それは中途半端な返球になってしまう。

走りながら考える、この習慣はテニスでは本当に大事。

特にダッシュ力が問われる、前に走るときに真価が問われます。

さぁ、浅いボールへの対応、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ロブ
  2. テニス ボレー
  3. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

  4. テニス クレーコート
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?

    フォアハンドストロークを打つ時のスタンスはオープンスタンスが良いのか、…

  6. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

特集記事

  1. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  2. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく…
PAGE TOP