ストローク

テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やしましょう

ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオブペース」の価値が、見直されています。

私にとってこれはとっても嬉しいことなんですが、それにしても「具体的にどんな感じで打てば良いの?」という質問も、多く頂くようになりました。

ただ速いボールと遅いボールを混ぜる・・・だけだと、試合で勝てるようになるには難しい。

今回は、あくまで攻撃に視点を置いて考えてみたいと思います。

 

テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やしましょう

 


 

■守備的なスライスは、チェンジオブペースではない

遅いボール、でまずイメージしやすいのはスライスですが、アナタ自身しっかり攻撃の場面で使えていますか?

もちろん守備的なショットとして、走らされたときなんかは大活躍な球種ですが、守備的な「遅さ」はただ追い込まれているだけ。

相手も、凌いでくると分かっている訳ですから、遅いボールで守ってばかりだとしんどくなるばかりです。

ただつないでいるだけだと、相手にも狙われやすい。

守備的なスライスは、あくまで「状況をイーブンに戻す」為に有効なショット。

チェンジオブペースとは分けて考えましょう。

 

■攻撃の際に「相手を迷わせてこそ」の、チェンジオブペース

テニスにおける攻撃、どうしても速いボールに頼ってはいませんか?

確かにプロ選手の試合でも、ストロークで打ち込んだりサービスエースで決まったりと、「速いボール」での攻撃が主体なのは否めません。

ですがそれは、技術と腕力、フットワークがあってこそ。

アナタ自身はそのスピード勝負に参戦するのではなく、「遅いボールでの攻撃」も混ぜていくことをオススメします。

スライスで浅いボールを打ってみる、あるいはスピンの効いたムーンボールを相手のバックハンド側に運ぶ・・・。

こういった攻撃こそ、チェンジオブペースの醍醐味です。

 

■同じ構えからゆっくりなボール、速いボール

遅いボールでの攻撃を相手に印象付けられると、今度は速いボールもより有効になります。

スピードを感じる感覚は、遅いの後の速い、がより速く感じる。

このことだけはしっかり、頭に入れておいて下さい。

相手にいかに、アナタのショットに慣れさせないか、が試合では重要です。

同じ構えから、2種類のボールが打てると良いですね。

コースに速度に、アナタ自身が持てる武器を膨らませていきましょう。

そのバリエーションこそ、テニスの「チェンジオブペース」そのものです。

 

遅いボールをチャンスで打つのを、「もったいない・・・」と感じるかも知れません。

速いボールを打って、速くポイントを終わらせたい!という気持ちも分かります。

ですが・・・よく考えてみて下さい。

どちらがアナタにとって、ポイントを獲る確率が高いか、試合自体で勝てる確率が高くなるか・・・。

おのずと答えは、見えているはず。

チェンジオブペースでの攻撃、きっと試合で使えるようになると楽しいはず。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス リターン
  2. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

    テニスの中で重要なことは、相手が取れないくらい凄いショットより、相手が…

  3. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのコース変更は、打つ直前には出来ない

    前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。相手を…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  6. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
  2. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう
PAGE TOP