テニス ガット

ストローク

試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。

これから一つ一つ、じっくりと読ませて頂きますが、まず「お悩み」としていくつか頂いたのがこのテーマ。

試合の中で、「遅く緩いボールの使い方が、分からない・・・」というモノ。

これは確かに、難しい問題ですよね。

どうしても試合だと、相手が怖いから速いボールを打ちたくなる。

でも、それだけだと緩急が使えないし、自分のミスも増えてしまう。

遅く緩いボール、試合の中でどう使っていきましょうか?

試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

1.その答えは、「ネットプレー」に有り!

私は、こう考えます。

「え?ボレーって、速くて強力なショットじゃないの?」と思った方、違います。

ボレーこそ、遅く緩いショット、なんです。

ストロークの方が速い、その速いボールを、ボレーで遅くいなしていくのがテニス。

実際にプロ選手の試合でも、ボレーは遅く、ストロークは速い。

緩くても効果的なボールが打てるのがボレー、なんです。

このあたりの誤解が解ければ、もっと前でプレーしたくなるはずですよ。

2.ネットに出たら、相手の「速さ」を逆に使っていこう

私は特に、これを考えています。

ストロークで速いボールを打たれる、一見ボレーヤーからするとピンチのようですが・・・逆にチャンス!なんです。

だってストローク側の相手は、構え直しが終わっていない、態勢は崩れたまま。

速いショットを打ってくれた方が、こちらは対応しやすい。

ネットプレーはシンプルに、当てるだけのブロックでもドロップ系のショットも打てる。

遅く緩いボールを、前に落とすだけでストローク側の選手には有効なはず。

これも一つの、テニスの試合で使えるアイデアですね。

「よく分からないな・・・」という方も、まずは試合の中で前に出てみると良いと思いますよ。

遅く緩いボール、がいかに効果的か分かるはずです。

3.ストロークでは、高い軌道でペースを遅く変えていこう

では、ベースライン付近からのストロークだと、どうでしょう。

一番使えるのは、遅く緩いボール、というよりも高い軌道のボールですね。

高い軌道のボールは自分の態勢を戻す時間も作れるし、身長が低い相手ならそのまま良い武器になる。

スピン回転をかけてしっかり振り切る、からコートにも入るし、良いチェンジオブペースになる。

「でも、いつ打てば良いのか、分からない・・・」という方は、まず劣勢のときではなく、試合の序盤に使いましょう。

こういうボールも打って来るんだと、相手に印象付ける。

そして、試合の後半本当に大事な場面では、精度の高いボールを打てるようにしておく。

きっとアナタの試合で、助けになってくれるはずですよ。

4.遅く緩いボールも、ラケットをしっかり振ること

ドロップボレーだって、しっかりボレーするのが基本。

高い軌道のムーンボール、もそうです。

ラケットを振らないで「置きにいく」感じのスウィングだと、絶対に試合では上手くいきません。

ラケットは、振り切るのが基本。

そのためにも、しっかり回転をかける打ち方、を意識して下さい。

ボレーならスライス、ストロークならスピン。

この回転量を上げていけば、球速は基本遅くなる。

難しく考えなくても、試合で使っていけると思いますよ。

遅く緩いボールでポイントが取れると・・・「上手い!」と思いますよ。

「強い!」よりも「上手い!」って言われると、嬉しくないですか?

遅く緩いボールを使うのって、結構勇気が要りますけど・・・打ってみると、意外と簡単だし効果的。

チャレンジ精神、で試してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  5. ストローク

    「けっこう、広い!!」テニスコートを試合で活用する為の、自分のボールスピードは?

    テニスコートはけっこう広い。ダブルスは二人いるからシングルスよ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

    ラリー練習をしている時は、飛んできた方向へそのままボールを返すことが多…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    足し算から、引き算へ
  2. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変え…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手い選手は、テニスの試合の中で「相手が打つ前にコースのプランニン…
PAGE TOP