テニス 練習

フットワーク

遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。

遅いボール、飛んでくる場所も分かっているボール。

何も走る必要無いですからね。

でも、その練習で突いてしまった癖、きっと試合でアナタを苦しめることになると思いますよ。

 

遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

 

1.人は目から得た情報で、身体を反応させていく

情報って、怖い。

遅いボールを見た瞬間に、「大丈夫、ゆっくりいこうよ」と脳は指令を出してしまう。

これは、本当に大きな問題になっていく。

試合に出ている人なら、分かりますよね。

遅いボールに、ゆっくり反応していてはテニスでは攻撃出来ない。

あっという間にボールは深く食い込んで来るし、打点は低くなってしまう。

この危機感、アナタにはありますか?

 

2.遅いボールを見ても、身体の動作は一定に速く保つ

試合に強い選手は、身体の反応の速さを落とさない。

遅いボールなら、素早く動いて先回り、することで相手に脅威を与える。

試合に勝てない、意識が薄い人は遅いボールに油断してゆっくり構えるから、攻撃出来る幅が狭くなっていく。

前にも入れないし、打点が低いからミスが増える。

遅いボールだろうが速いボールだろうが、いつだって準備は早い方が良い。

打点に入るのだって、0.1秒でも速い方が絶対に良いんです。

 

3.余裕をかましたい人は、ただのカッコつけたい人

チャンスをしっかり、余裕を持って決めたい。

これって、幻想です。

プロ選手の試合を観て下さいよ。

絶対に決まるであろうショットでも、しっかり速く打点に入る、そして前に詰める。

打った後も、更にボレーで仕留めようとしていますよね。

彼らは、「読まれたら反撃される」怖さも知っているし、そもそも遅いボールに集中力を落としていない。

フワフワッとボールが上がるだけで安心しているアナタ、まだまだ甘い。

甘すぎるんですよ。

 

普段の練習から、遅いボールほど速く反応する。

身体を積極的に動かして、速く打点に入る。

この意識、試合できっと活かされるはずです。

目から得た情報、それは得てして危険な因子に成り得る。

アナタ自身、気付かないと変わらない部分です。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術と考え方が必要です

    普通に陸上競技でトラックを走る走力と、テニスコートを走る走力とは全く別…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?

    相手のポジショニング、アナタはどの程度意識できていますか?全く…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

特集記事

  1. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. ストローク

    ストロークで、「ボールが持ち上がらないんですけど・・・」と嘆く人は意識して欲しい…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は…
  4. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術
  5. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
PAGE TOP