テニス ボレー

ボレー

「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

目次

テニスにおいて難しい技術の一つは、ネットより低い位置のボレー。

このボレーは通常、「しっかり膝を曲げて、態勢を低くして・・・」と教わる部分だと思います。

ですが実際の試合では、そんなに余裕も時間も無く、ラケットを出すだけでいっぱいいっぱい、という場面もありますよね。

そんなときには、「サイドスライス」でボレーが打てると非常に効果的です。

膝を曲げる時間が無くても、ラケットヘッドを落として打つことで上手くコントロールできるはずです。

 

「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

 


 

■「王道」の技術では無いことを理解して行うこと

いわゆる、「王道のボレー」ではありません。

膝もあまり曲げませんし、いつもこのボレーを打っていてはコーチから怒られてしまうことでしょう。

ボレーの基本である、「ラケットヘッドを立てる」という部分も、逆にヘッドを落としてしまうことで破ってしまう。

ですが実際にやってみると、意外と簡単で試合で使えることに気付くはずです。

ぜひ、遊び心を持ってトライしてみて下さい。

 

■ボールの横、自分の身体に近い側半分を捉える意識で

ラケットは自分の身体の近い位置で、ボールの横を打つ意識でスライスをかけてみましょう。

ラケットヘッドは落としてOK。

コツとしては、ラケットを持つ手の小指から前に出していく、グリップから前に押していくような意識でボールをしっかり引き付けて打つと良いでしょう。

後は低い位置からのボレーですので、しっかり山なりな軌道をイメージしてネットを超えるように。

攻撃されている場面が想定されますので、ラケットは振り過ぎず、次への構え直しを意識してコンパクトに打ち終わりましょう。

 

■「サイドスライス」は相手コートに落ちてから鋭く曲がる!

慣れてきたら、回転量を増やしてみる。

相手を走らせる意味でも、スライス回転が横にかかっていると有効です。

シングルスの試合ではサーブ&ボレーで足元に打たれた際に、返球できてなおかつ、相手をさらに走らせることができてとっても有効なショットになります。

ボールの横を捉えるには、しっかりラケットの「エッジ」を前に出して思い切って腕を前に出す。

まずは球出し練習とボレー対ストロークのゆっくりしたラリーから、意識してみて下さい。

 

低い位置のボレーは、様々なバリエーションで返球できるようにしておきたい。

時間があれば態勢を低くして、踏み込んでいくローボレー。

時間が無く守備的なときには、まずラケットを出していく今回のようなスライスを用いたボレー。

回転量を増やせると、それだけ攻撃的に相手を走らせることも出来ますね。

低い位置でのボレーは、とにかく絶対量の経験が必要です。

アナタはサービスラインの一歩前、のポジションでどんなプレーができますか?

今一度、見つめ直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  2. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本

    ダブルスの試合で、なかなかポイントが取れない方はこの基本を再度確認して…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

  6. ボレー

    大きく変えないと、何も生まれない

    最近私が、強く感じていること。しっかり、強いボレーを打たない…

特集記事

  1. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない
  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で…
  4. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
  5. テニス 準備

    メンタル

    「楽な初戦」は、アナタにとってマイナスな要素にしか成り得ない
PAGE TOP