テニス ボレー

ボレー

「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

テニスにおいて難しい技術の一つは、ネットより低い位置のボレー。

このボレーは通常、「しっかり膝を曲げて、態勢を低くして・・・」と教わる部分だと思います。

ですが実際の試合では、そんなに余裕も時間も無く、ラケットを出すだけでいっぱいいっぱい、という場面もありますよね。

そんなときには、「サイドスライス」でボレーが打てると非常に効果的です。

膝を曲げる時間が無くても、ラケットヘッドを落として打つことで上手くコントロールできるはずです。

 

「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

 


 

■「王道」の技術では無いことを理解して行うこと

いわゆる、「王道のボレー」ではありません。

膝もあまり曲げませんし、いつもこのボレーを打っていてはコーチから怒られてしまうことでしょう。

ボレーの基本である、「ラケットヘッドを立てる」という部分も、逆にヘッドを落としてしまうことで破ってしまう。

ですが実際にやってみると、意外と簡単で試合で使えることに気付くはずです。

ぜひ、遊び心を持ってトライしてみて下さい。

 

■ボールの横、自分の身体に近い側半分を捉える意識で

ラケットは自分の身体の近い位置で、ボールの横を打つ意識でスライスをかけてみましょう。

ラケットヘッドは落としてOK。

コツとしては、ラケットを持つ手の小指から前に出していく、グリップから前に押していくような意識でボールをしっかり引き付けて打つと良いでしょう。

後は低い位置からのボレーですので、しっかり山なりな軌道をイメージしてネットを超えるように。

攻撃されている場面が想定されますので、ラケットは振り過ぎず、次への構え直しを意識してコンパクトに打ち終わりましょう。

 

■「サイドスライス」は相手コートに落ちてから鋭く曲がる!

慣れてきたら、回転量を増やしてみる。

相手を走らせる意味でも、スライス回転が横にかかっていると有効です。

シングルスの試合ではサーブ&ボレーで足元に打たれた際に、返球できてなおかつ、相手をさらに走らせることができてとっても有効なショットになります。

ボールの横を捉えるには、しっかりラケットの「エッジ」を前に出して思い切って腕を前に出す。

まずは球出し練習とボレー対ストロークのゆっくりしたラリーから、意識してみて下さい。

 

低い位置のボレーは、様々なバリエーションで返球できるようにしておきたい。

時間があれば態勢を低くして、踏み込んでいくローボレー。

時間が無く守備的なときには、まずラケットを出していく今回のようなスライスを用いたボレー。

回転量を増やせると、それだけ攻撃的に相手を走らせることも出来ますね。

低い位置でのボレーは、とにかく絶対量の経験が必要です。

アナタはサービスラインの一歩前、のポジションでどんなプレーができますか?

今一度、見つめ直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

  2. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  2. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント
  4. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイ…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
PAGE TOP