テニス 緊張

練習メニュー

試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。

まだ見ぬ皆さんに良い練習方法のアドバイスは難しいですが、結果的に良い練習、になるのは試合の後、直後の練習でしょう。

大事な試合で悔しい想いをした後って、心の底から練習したい、と思いますよね。

 

試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

 

1.試合直後に必要と感じたことを、メモしておこう

でも、実際は試合の後の練習なんて難しい。

大会自体が早く進行してコートが解放、になれば良いですけど、待っているのもしんどいですよね。

では、どうするか。

シンプルに、自分の試合の直後に「必要と感じたこと」をテニスノートに書いておく。

またはスマートフォンにメモとして残しておく、ことは出来るはずです。

LINEでグループを作って、仲間同士で書き込み合うのも良いでしょう。

ポイントは、試合直後に文章にして形に残す、ことなんです。

その一文字、一文字に、アナタが強くなる心の声、が詰まってるはずですから。

 

2.試合直後の自分、を大事にしよう

これは勝った試合、もそうなんです。

試合直後の自分、の感想や感じたこと、をもっともっと大事にして欲しい。

そして、「なぜ、そう思うのか、感じたのか?」まで、言葉や文書にして欲しいんです。

そうしないと、いつまで経っても成長しない。

次の日になったら忘れてるし、練習はまた「いつも通り」に戻ってしまう。

そんな感じ、じゃないですか?

 

3.試合でしか見えないもの、は必ずあるのがテニス

練習と試合は、常に表裏一体。

また、大事な試合ほど自分の身体が思い通りに動かない経験は誰でもあるはずです。

いかに、試合直後の感覚を練習に活かすのか。

自分で練習を考える、良いきっかけになるはずです。

今日も、試合で負けて悔しい想いをしている人は、全国にいるでしょう。

寝る前に、文章にしてみませんか?

必要だったこと、きっと今のアナタならイメージ出来るはずです。

 

誰だって、試合が終わったらその感傷から離れたい。

普通の人は、そうなんです。

でも、結果的にそういう人は悔しい想いを繰り返す。

私自身、「今日は良い感じで書けたな・・・」と思う日は、試合で負けた日だったりします。

悔しくてたまらない気持ちを、文章ぶつける、そして練習に活かす。

アナタ自身、試合直後こそ宝の山、と思って頑張ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. + POWER CUP について
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  4. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  3. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  4. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
PAGE TOP