テニス ストローク

フットワーク

テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

緊張したときに、自分はどうなるのか。

特にテニスでは、足元から緊張の度合いが見て分かりやすい。

ドシッと構えているのか、オロオロしているのか・・・。

自分も相手も、意識して観てみましょう。

 

テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

 

1.不安になると、どんどん足の幅は狭くなる

テニスの構え、基本は低い態勢。

スタンスを広く、肩幅くらいには取って目線を少し落とす、そして胸を張る。

この状態って、自分の調子が良いときは自然に出来ていることが多い。

でも・・・追い詰められてミスが重なって、不安になっていくと・・・どうですか?

どんどん足の幅は狭くなって、目線が上がって上体が高い感じ、になってくることありませんか?

冷静に自分の試合中の光景、をイメージしてみれば気付くはずです。

 

2.良いときは何も、気にならないのがテニス

「調子が良いときって、どんな感じだっけ・・・?」と思っても、思い出せないですよね。

悪いとき、の方がまだ思い出せるはず。

良いときは、何も考えていないで身体が勝手に反応してくれてますから。

悪いとき、にまずスタンスから直してみると精神的に落ち着けるし、ミスも減る。

不安な気持ちは、必ず身体のどこかに出る。

そう知っておくと、試合でも修正出来るでしょう。

 

3.メンタルコントロールは、身体の動きから

試合中に、メンタルコントロールが上手い人は対策が具体的。

呼吸法やスタンスの修正、景色を眺めたりチェンジコートでテニスノートを読み返したり。

何か具体的に行動を興す、「身体の動き」から入っていくから修正出来るんですよね。

崩れていく人は、いつも一人でモヤモヤしながら悩んで、具体的になにも変えられない。

そんな人は、まずスタンスから広く、目線を落としてみましょう。

きっとコート上の景色から、違って見えるはずです。

 

不安になればなるほど・・・と書きましたが、不安の波は止められる。

試合はどんどん進んでいきますからね。

不安に押しつぶされそうな自分を救うのは、アナタしかいません。

修正に具体性があれば、きっと大丈夫。

勝負の後半、に向かっていけるはずです!

 

今回のまとめ

試合中に不安で押しつぶされそうなときには、スタンス=足の幅を広めに意識してみよう!

 

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  3. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う

    「泥臭くても良いから、勝ちたいんです!」という声を、たくさん頂きます。…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  6. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

    強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?
  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  5. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう
PAGE TOP