テニス ボレー

フットワーク

テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」は嫌なもの

テニスの試合で、失うポイントにも色々なパターンがある。

相手のエースで終われば、どれも一緒?

いや、全然違います。

特に実力差がある相手、格下相手でも、アナタ自身経験があるはずです。

基本的な考え方ですが、最後まで喰らい付く精神はスポーツにおいて奇跡の呼び水になります。

 

テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」は嫌なもの

 


 

■奇跡は待っているものではなく、興すもの

ドラマチックな大逆転劇、ジャイアントキリングと呼ばれるような大物喰いが起きる試合には布石がある。

まず負けている、実力的に劣るとされてるチームや選手が、本気で喰らいついてボールを追っているということ。

当たり前のように感じるし、もしかしたら無意味で体力だけ消耗しているようにも思えますが、実はそうじゃない。

奇跡を興すには、まずしっかり諦めない基本を徹底していくことが大事。

それが徐々に、勝っている格上相手を追い込んでいくことにつながっていくのです。

 

■最後までボールを追えば、それがプレッシャーになるのがテニス

テニスでは、ボールが2バウンドするまで分からない。

でも実際には、相手が打った瞬間に諦めたり、追わなくなってしまうことありますよね。

体力温存と言えば聞こえは良いですが、相手からすると「自分も良いイメージ」を持てますし、追われなければ反撃の準備もしなくて良い。

強い相手に、より余裕を持って進められてしまうので益々しんどくなっていくのです。

ボールを追っていれば、「もっと厳しく攻撃していかないと・・・」というプレッシャーを感じて、ミスしてくれるかも知れない。

追い付いてカウンターされる恐怖、は少しずつリズムを乱していくことが出来る。

そういった芽を自分で摘んでしまっては、いませんか?

 

■スカしている相手が、一番やりやすい

弱いのにスカしている相手、本気出して無いよオーラがある選手は、本当に倒しやすい。

負けても言い訳を残しておきたい気持ちは分かりますが、それって最高にかっこ悪いしいつまで経っても勝てないまま。

もっと自分を冷静に分析して、実力で劣るならより相手に喰らい付いて走っていく覚悟を決めましょう。

そう、この覚悟が試合を動かす、奇跡を興す源になるのです。

強い相手でも、絶対に癖や傾向はある。

本気で覚悟を決めれば、観察眼も鋭くなるはずです。

 

試合の流れを変えるのは、粘ってしのいだポイント。

華麗なエース、ではありません。

相手の攻撃を凌いで、凌いでもぎ取ったポイントは、何より相手に与えるダメージが大きい。

まずはしっかり、ボールを最後まで追う、喰らい付くことを練習から実践していきましょう!

練習で出来ない人は、試合で絶対にボールを追えません。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

    強い選手は、姿勢がぶれない。特に打った後、じゃないですかね。…

  6. テニス リターン

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!
  3. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  5. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いし…
PAGE TOP