ストローク

前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

ダブルスの試合で、使えるショット。

みなさんの意識って、どうでしょうか。

当然、ダブルスの試合は相手が2人いますよね。

そこでシングルスのように、自分本位でバンバン打っても・・・勝つのは難しいでしょう。

 

前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

 

1.相手が2人いる、だから必要なのは・・・?

両方の相手、を意識すること。

ダブルスなら、前衛と後衛がいますからね。

アナタが相手コートを見たときに、この2人のどちらに打つのか。

圧倒的に、多いのは相手の後衛の選手に向かって打つこと、だと思います。

じゃあその時に、相手の前衛は無意識で良いか、と言われるとそうでも無い。

どんな動きをしているのか、ポーチに出て来る気配はあるのか。

しっかりと視界に入れながら、後衛に打ち続けることがダブルスの試合では求められるんです。

 

2.前衛を気にしながら、どの程度のショットが打てる?

ストロークでもボレーでも、みなさんどうでしょうか?

相手の前衛を視界に入れながら、どの程度のショットが相手の後衛に打てるのか?

これが、実はダブルスの試合で使えるショットの実力、だと私は思いますよ。

実際、後衛の選手と打ち合いながらも、前衛をけん制してラリーするケースがほとんど。

プロ選手の試合だって、本当はもっと強く、速く打てるけど、あえて前衛をけん制しながら威力を抑えている。

コントロール重視、で試合を作っているケースがほとんどですからね。

アナタ自身、この視点で自分のショットのレベルを上げていかないと勝てる選手にはなれないでしょう。

 

3.大きなスウィング、遅いテイクバックは致命的

だからこそ、なんです。

少し遅れたり、大きなテイクバックになると、ダブルスの試合では使えない。

前衛をけん制できない、じゃないですか。

力いっぱいのショットを後衛に打っても、強いペアなら前衛が動いて終わり。

ダブルス向きな視点、ショットが打てない選手は、いつでも視野が狭いし相手の前衛が視界に入っていない。

というか、意識に入っていないんですよね。

 

4.相手の前衛が動けないショット、を身に付けよう

例えばスライス。

このスライスは、いつでもストレートに流せるし、ロブも打てる。

クロスに打つ構え、が本当に分からないショットの一つですよね。

前衛を足止めして、後衛とラリーし続ける。

どんな陣形でも、すごく大事なショットになるはずです。

相手前衛を足止め出来るショット、他にアナタ自身の中にあるでしょうか?

きっとそのショットの実力こそ、アナタのダブルスの根幹になる部分だと思いますよ。

 

どんどん相手前衛に動かれる試合って、やっぱり辛いですよね。

きっと、アナタ自身のショットのプレッシャーが足りないから。

実際にストレートに打つことも、もちろん大事。

そしてそのショット以降、いつでも打てるという気配を見せ続けること、が大事ですね。

前衛は視界に入れて、後衛とラリーする。

気持ち悪く感じるかもしれませんが、これがテニスのダブルスの基本、です。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  3. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピールを!

    パッシングショットの練習ってやってる?相手がボレーに出てきた時…

  4. テニス 部活
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  6. テニス 並行陣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  2. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術
  3. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメント形式の大会では「一発勝負だからこそ、格上に勝つチャンスがある」ことを…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  5. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
PAGE TOP