テニス スライス

ストローク

スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。

そう感じるのは、特にダブルスの試合です。

「え?シングルスの粘るときに、スライスを使うんじゃないの?」という方も多いでしょう。

実は、スライスってダブルスでも本当に使える技術なんですよ。

 

スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

 


 

1.ダブルスには、前衛がいるという事実

まず、ダブルスにはこれがあります。

相手のサーブが強力、なのに前衛をかいくぐってリターンしないといけない。

普通に返すのがやっとなのに、前衛にポーチに動かれたらたまったもんじゃないですよね。

だからこそ、スライスが必要なんです。

良いサーブ、良いストローク、に押されながらもボールをコントロールする。

それに、スライスを打つだけで相手の前衛を良い意味で欺くことも出来るんです。

2.スライスはポーチに出たくなる、代名詞

アナタ自身が前衛だったとして、どうでしょう。

相手の後衛が、スライスの構えをする、実際にスライスをよく使って来る。

ポーチに出たい!と思いませんか?

スライスのボールって遅いし、ボレーしやすいからこそ、ポーチの誘惑があるんですよ。

クロスに来るような雰囲気、もありますしね。

だからこそ、アナタ自身はスライスをストレートに流す、前衛の方向に打つ技術、が大事になるんです。

相手の速いサーブ、もストレートにスライスで流す。

ロブでも良いですけど、普通のスライスストロークで打てると、それだけで良いけん制になること間違いなしです。

 

3.ちょっと怖いけど、相手前衛は動きますから

実際、スライスストロークをストレート、に流すのはすごく怖い。

相手前衛、にボレーされるような気になりますからね。

でも、これを打たないとどんどん動かれるし、ポーチに出られる。

相手の前衛、は動くと信じましょう。

その場からはいなくなる、だからスライスをストレートに打つことが大事だし有効になる。

相手前衛の心理を読み解けば、このスライスのストロークの重要性に気付くはずです。

 

4.強い相手ほど、このショットが有効になる

スライスはチャンス、潰す!という前衛。

これは、間違いなく強い相手です。

こういう相手ほど、スライスをストレートに運べばすごく有効。

一回打つだけで、同じ構えからずっとストレートを警戒してくれるでしょう。

スピンで打てば良い?

相手のショットが強力なら、薄いグリップでのスライスしか打てないような試合もありますから。

こういう相手、に勝つには絶対にスライスのストレート流し、が必要になってきます。

 

実際に、打ってみればその有効性に気付くはず。

強い相手、女子ダブルスでも本当に有効ですから。

打ち方、も重要ですが、その前にこのショットの必要性に気付くことですね。

必要だと感じたら、上達も早い。

試合から逆算して、練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボ…

  3. テニス ミス
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

    テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。そう感じながら、序盤…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力が増しやすい

    両手でのバックハンドストローク、安定感はあるけどイマイチ攻撃力が無い・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう
  2. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
  4. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
PAGE TOP