テニス スライス

ストローク

スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。

そう感じるのは、特にダブルスの試合です。

「え?シングルスの粘るときに、スライスを使うんじゃないの?」という方も多いでしょう。

実は、スライスってダブルスでも本当に使える技術なんですよ。

 

スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

 


 

1.ダブルスには、前衛がいるという事実

まず、ダブルスにはこれがあります。

相手のサーブが強力、なのに前衛をかいくぐってリターンしないといけない。

普通に返すのがやっとなのに、前衛にポーチに動かれたらたまったもんじゃないですよね。

だからこそ、スライスが必要なんです。

良いサーブ、良いストローク、に押されながらもボールをコントロールする。

それに、スライスを打つだけで相手の前衛を良い意味で欺くことも出来るんです。

2.スライスはポーチに出たくなる、代名詞

アナタ自身が前衛だったとして、どうでしょう。

相手の後衛が、スライスの構えをする、実際にスライスをよく使って来る。

ポーチに出たい!と思いませんか?

スライスのボールって遅いし、ボレーしやすいからこそ、ポーチの誘惑があるんですよ。

クロスに来るような雰囲気、もありますしね。

だからこそ、アナタ自身はスライスをストレートに流す、前衛の方向に打つ技術、が大事になるんです。

相手の速いサーブ、もストレートにスライスで流す。

ロブでも良いですけど、普通のスライスストロークで打てると、それだけで良いけん制になること間違いなしです。

 

3.ちょっと怖いけど、相手前衛は動きますから

実際、スライスストロークをストレート、に流すのはすごく怖い。

相手前衛、にボレーされるような気になりますからね。

でも、これを打たないとどんどん動かれるし、ポーチに出られる。

相手の前衛、は動くと信じましょう。

その場からはいなくなる、だからスライスをストレートに打つことが大事だし有効になる。

相手前衛の心理を読み解けば、このスライスのストロークの重要性に気付くはずです。

 

4.強い相手ほど、このショットが有効になる

スライスはチャンス、潰す!という前衛。

これは、間違いなく強い相手です。

こういう相手ほど、スライスをストレートに運べばすごく有効。

一回打つだけで、同じ構えからずっとストレートを警戒してくれるでしょう。

スピンで打てば良い?

相手のショットが強力なら、薄いグリップでのスライスしか打てないような試合もありますから。

こういう相手、に勝つには絶対にスライスのストレート流し、が必要になってきます。

 

実際に、打ってみればその有効性に気付くはず。

強い相手、女子ダブルスでも本当に有効ですから。

打ち方、も重要ですが、その前にこのショットの必要性に気付くことですね。

必要だと感じたら、上達も早い。

試合から逆算して、練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えましょう

    深く入って来るストローク、アナタ自身、しっかり返球出来ていますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

    上達している実感はあるのに、結果が伴わない。結果が伴わないから…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

  5. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
  4. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本
  5. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
PAGE TOP