テニス ボレー

ストローク

攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない

相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか?

フォアハンドストローク?リターン?

いずれにせよ、それがアナタにとっての「特別なショット」である限り、試合で勝つのは難しいでしょう。

 

攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっては試合で勝てない

 


 

1.当たり前ですが、試合は緊張する

試合では、当然緊張する。

何度経験しても、自分がいつもやっていることが出来なくなるのが試合、です。

特に、攻撃的に展開していく第一歩、のショットは一番緊張しますよね。

ここでのミス、が一番痛い。

であれば、攻撃的に展開していくショットほど、アナタにとって「普通のショット」に仕上げておく必要がある。

そうは思いませんか?

 

2.朝起きて顔を洗う、夜に歯を磨く感覚で攻撃

テニスの試合での攻撃は、いつも通り。

極端な例かも知れませんが、朝起きて顔を洗ったり、夜に歯を磨いたりするくらい、自然なこと。

無意識に打っていれば、それが結果的に良い攻撃になっていくくらいの感覚。

特別なこと、特別なショットという意識だと力が入るし、その日の自信にも左右される。

あくまで、自然に、無意識に・・・打てるくらいまで、練習してみませんか?

 

3.攻撃が「特別なこと」になってはいないか?

テニスの試合、勝てない人は攻撃のときに力が入り過ぎ。

速さ、パワーで押していきたいという気持ちが強過ぎですよね。

そうじゃなくて、いつも通りのルーティンで、いつも通りに進めていく。

結果がそこに、自然に付いてくる。

この意識で、考えてみましょう。

 

しっかり打てるかどうかは、アナタのメンタルにかかっている。

準備段階で、思い切って発想を変えてみませんか?

アナタにとって身近なもの。

歯磨きでも、洗顔でも、何でも良い。

それくらいテニスの試合での攻撃って、楽にシンプルにいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  4. ストローク

    ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

    ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。そう考えてい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  2. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?
  3. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
  5. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
PAGE TOP