テニス リターン

ストローク

ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

テニスの初心者の方は、なかなかボールに回転をかけるのが難しい。

ボールに回転をかけるには、グリップエンド、つまり小指側から出していくことが大事。

この基本を見直していくと、打点は自然に身体の前、に取ることが出来ます。

試合の中でストロークを当てにいく、入れにいくようになってしまう人は、試合中も見直して修正しましょう。

ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

 


 

1.ストロークの打点は、きっとアナタが思うよりずっと前がベスト!

ストロークの打点は、身体の30cm以上前。

前、をかなり意識しないと、この打点は身に付きません。

打点が前でないと、ボールを思った方向にコントロール出来ない、だけでなく怪我にもつながりやすい。

その為には、グリップの下側、つまりグリップエンドからボールに対して出していく、のがストロークフォームの基本です。

 

2.自分の身体より前にいった時点で、ラケット面が前に出る

テニス初心者の方は、ラケットの「先」から使おうとする。

だから手打ちになって、ボールの下をこするようになってホームランになってしまう。

それを防ぐにはスピン回転をかける必要がありますが、そのためにはグリップエンドから前に出して、身体の前にラケットが出た時点でラケットの先を出すように意識してみましょう。

つまり、ラケットの先が出ていくのはかなり後、のタイミングになってくる。

これを意識してみるだけで、きっと自然に良いスピン回転と打点、は身に付くはずです。

 



 

3.速いボールを打とうと無理すると、ラケットヘッドが前に出過ぎる

どうしても試合で、「決めにいきたい!」と思ってストロークが乱れる。

そんなときは、大抵身体が開いてグリップエンドではなくラケットヘッドが先に前に出過ぎているケースが多い。

これがテニスの横振り、になってしまう原因の一つです。

まずは自分で、試合の動画を確認してみましょう。

良いときはきっと、グリップエンドからしっかり出て、悪いときはラケットヘッドが先に出ているはず。

そういう視点で確認しておくと、試合中でも修正が出来るので便利です。

 

グリップエンドから前に出す、ストロークがなぜ安定するのか。

それは、ラケットを持つ手首の形がほとんど変わらないからです。

押し込んでパワーを出すのも、手首を返してはコントロールできません。

手首を動かすのは、あくまで打った後に自然に脱力していくとき。

テイクバックから打点、当たった直後は手首の形は変えないのがテニスのストロークの基本です。

上級者の方も、今一度見直してみても良い基本、だと思いますよ。

↓止まったボールを打つ、のが良い練習になります

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

    ストロークで相手の足元を狙うシチュエーション、ネットプレイヤー相手には…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

    ダブルスが得意な選手がシングルスに出るとき、意識したいのはいかにボレー…

  4. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

    試合の中で、ストロークミスが多い人。は、そもそも打点がおかしい…

特集記事

  1. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない
  3. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ
  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使って…
  5. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く
PAGE TOP