テニス リターン

ストローク

攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。

これは、学生選手だけの特権、若い人の技術ではありません。

社会人、シニアからテニスを始めた方でも、出来るようになる。

その為に必要なのは、意識の改革、だと私は思いますよ。

攻撃的なスピンストローク、一緒に磨いていきましょう!

 

攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

 

1.ポジションはベースライン上が基本

下がった状態、ベースライン後方から、どんなにラケットを振り回してもダメ。

攻撃的、ということは、相手の脅威になるということですから。

後ろからどんなに強打しても、相手側にはプレッシャーはかからない。

もっと前、しっかりベースラインの真上くらいから打っていく姿勢がスピンストロークにも大事です。

当然、深いショットはライジング、で打つことも求められる。

でも、少しでもネットに近い位置から打てる、というだけで自分は楽に、相手は苦しくなる。

何度も書いてきたことですが、これはアナタ自身が実践出来るかどうか、が問題です。

 

2.ラケットを長く持つ

意外と、これも出来ていない方が多いです。

フォアハンド、バックハンド、ともに、しっかりグリップの一番下の部分を持つ。

男性の方なら、少し小指が余るくらいの方が良いと思います。

私は、完全に余らせて一番グリップエンド、の箇所は薬指でささえる感じになっています。

長く持つことで、打点も離れるし遠心力も使える。

攻撃的で、回転量が多いスピンストロークの良い土台、が出来るでしょう。

 

3.大きく速いテイクバック

これも基本、ですね。

素早くラケットを上に構えて、テイクバックした状態で待つ。

この構えを、相手に見せ付ける。

打ち分ける姿勢、を見せることで、スピンのストロークのコースが読めない、相手は迷う。

しっかり横向きで肩を入れるポイントを増やせば、それだけで攻撃的なスピンストロークは完成します。

同じボールの軌道でも、相手が読めないと本当に有効なショットになる。

攻撃的なスピンストローク、いかに読まれないかが大事。

大きく、速いテイクバック、の意識だけで大きく変わるはずです。

 

4.グリップを「変えて」みよう

私自身も、最近バックハンドのグリップを変えました。

セミウェスタンから、フルウエスタンに変えて、打点を少し前に調整。

こういう意識、しっかり「変える」覚悟でやってみましょう。

攻撃的なスピンストローク、とは、回転量をアップさせるということ。

つまりは打点を前に確保して、振り抜く。

その為に、私はグリップを今よりも厚くしてみることをオススメします。

良いんです、もし違うと思ったら直せば。

変える事にチャレンジしてみないと、攻撃的なショットを打てるようになるチャンス、すら逃してしまいますからね。

ぜひ、試行錯誤してみて下さい。

 

5.早くラケットを振り出してみる

4.とも関わって来るのですが、振り出しを早くする。

みなさん、まだまだストロークの振り出しが遅いような気がします。

私の感覚では、もっと速くラケットをダウンさせて上に振っていく。

このタイミングを速くしていく意識、が攻撃的なストロークの基本です。

どこかで、差し込まれている自分、に気付かないと。

力を抜いて、速いタイミングで打っていく姿勢、を持つこと。

これだけで、きっとアナタのストロークは攻撃的になりますよ。

 

攻撃的なスピンストローク、どんどん変えていきましょう、自分を。

ストロークって、なかなか変えられない、じゃないですか。

でも、逆にそれはチャンス。

大胆に変えることで、新しい技術が花開く、その芽を作ることが出来る。

必要性を感じているなら、きっとそこにチャンスがある。

この冬に、一緒に仕込んでみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  3. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  4. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨きましょう

    20代前半の若かりし頃、俺は超ハードヒッターだった。上手くなり…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  6. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する

    ダウンザライン方向への、ストロークの展開力。この精度が、試合で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
  2. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を
  3. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事
  4. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう
  5. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備
PAGE TOP