テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。

「よし、練習しよう!」と思って、ある程度良いロブが打てるようになった、なのに・・・なぜか相手にスマッシュを決められてしまう。

そんな人は、相手がアナタのロブに気付いて早めに動き出している可能性が高い。

いつの間にか、ロブを打つ前にロブだとバレてしまってはいないか、を再度考えてみましょう。

試合巧者への道は、自分のショットをギリギリまで隠すことが出来るかどうか、で決まります。

 

テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

 


 

■打つ前に、「いつものストロークと違う何か」が現れていないか?

ロブを打つ、と決めた瞬間から、どこか普通のストロークと違う部分、ありませんか?

多いのはアゴが上がる、スライスのグリップになる、そして「身体が開いて正面を向く」こと。

しっかり狙おうと考えれば考えるほど、自分が打ったボールの行方を早くみたいという気持ちになって、身体が前を向く。

横向きをしっかり保って、打ち終わるくらいのフォームにしましょう。

スマッシュを打たれる怖さがあっても、です。

 

■スライスのグリップに変えるのはOK!ただし・・・

いつものスピンストロークのグリップから、スライスのグリップに変更して打つのはOKです。

ですが、そこから「ロブしかない」と分かると、相手にテイクバックの段階でバレてしまいますよね。

必要なのは、スライスでも通常のストローク、ダブルスで並行陣相手なら足元にも打てるかどうか、です。

2種類のショットを同じ構えから打てる、ことが大事です。

それが出来て初めて、相手は迷い、迷うから反応が遅れるのです。

 

■ラリーに変化を付けるときに、「特別感」を出さないこと!

ロブもそうですし、ドロップショットもそうですが、何かラリーに変化を付けるときに「特別感」が出ているとダメ。

相手に気付かれないためには、「何事もなく、いつも通り」な雰囲気から「スッ」と技が繰り出せるように。

一番多いのが、ロブはやっぱり身体が開くことですよね。

このポイントを意識すると、相手にとって非常に嫌らしい相手になれますし、ショットも決まりやすい。

ロブなんて、まさにそうですね。

「ここで来るのかー!」と相手に思わせるには、演技力が必要なのです。

 

ぜひ練習の中で、自分のフォームについて周りから意見をもらいましょう。

今回のように、ロブを打つ前に何か自分のフォームに違いは無いのか?

身体が開いている?それ以外にも、何かばれるような要素は無いのか・・・を、聞いてみましょう。

自分で思い込むよりも、聞いたほうが早い。

ぜひアナタも、周りの仲間には教えてあげるようにしましょうね。

こういうGive&Take、成長するうえでは大事です。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

    スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

    ストロークのバックハンドを両手で打っている人、男性でも女性でも多いと思…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

  6. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  2. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない
  3. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  4. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
  5. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング
PAGE TOP