テニス 練習

スマッシュ

テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。

実際には打ち方よりも入り方、がスマッシュでは大事です。

ではどんな場所にボールをもってくるのが良いのか・・・を考えると、意外と自分の意識と違う、ギャップがあるかも知れません。

今回は私が考える、スマッシュにおける良いボールの置き場所、について書いてみます。

 

テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

 


 

■ズバリ、上げた腕と目線の延長線上の中心、がベスト!

結論から言うと、これです。

ラケットを持たない腕は高く上げて、物差しとして使います。

その腕の先、延長線上と目線の延長線上のちょうど真ん中、にボールが来るようにしてみて下さい。

ちょっと今、腕を上げて上を見てみましょうか。

実際に腕を上げてボールの置き場所をイメージしてみると、「窮屈」に感じる人が多いと思います。

それくらい、スマッシュでは横向きを保つことが大事なのです。

 

■ほとんどの選手が、「身体が開いて」ボールの置き場所がずれてしまう

スマッシュは横向き、なのに実際に打つときにはもう身体が開いて胸が相手方向に向いてしまう。

この習慣、ボールの置き場所を変えることで変わるでしょう。

自分の上げた腕、よりも相手コート側にボールを見る訳ですから、しっかり肩が入った状態を保てます。

実際に打った後には身体が前を向いてOKですが、しっかり振り切るには「横向きのまま」くらいの意識で良いでしょう。

その為にも、ボールの置き場所は大事です!

 

■早く動き出せば、最後に微調整出来るのがスマッシュ

相手がロブを上げて、スマッシュの機会が来た!

のに・・・悠長に構えたり、ラケットをすぐにかついで動きが鈍い人が多い。

これでは、細かい微調整が出来ない。

スマッシュは動き出しを早くし、最後に少し微調整を加えるくらいの余裕が欲しいのです。

ぜひ早くロブに気付き、最初は大きな歩幅、最後に小さい歩幅で調整出来るようになりましょう!

 

スマッシュの構え、は一度覚えたら楽。

ボールをどの位置に置くか、をしっかり把握出来れば絶対にミスは減ります。

打ち方ばかり・・・ではなく、入り方からスマッシュを考えてみましょう。

フットワークに調子の波は無い。

きっと試合で、スマッシュが有効な武器になるでしょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

    スマッシュを打つときに緊張したり、狙い過ぎてしてしまう方。これ…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  6. テニス ポジショニング

特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」こ…
  4. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?
  5. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
PAGE TOP