テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。

「よし、練習しよう!」と思って、ある程度良いロブが打てるようになった、なのに・・・なぜか相手にスマッシュを決められてしまう。

そんな人は、相手がアナタのロブに気付いて早めに動き出している可能性が高い。

いつの間にか、ロブを打つ前にロブだとバレてしまってはいないか、を再度考えてみましょう。

試合巧者への道は、自分のショットをギリギリまで隠すことが出来るかどうか、で決まります。

 

テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

 


 

■打つ前に、「いつものストロークと違う何か」が現れていないか?

ロブを打つ、と決めた瞬間から、どこか普通のストロークと違う部分、ありませんか?

多いのはアゴが上がる、スライスのグリップになる、そして「身体が開いて正面を向く」こと。

しっかり狙おうと考えれば考えるほど、自分が打ったボールの行方を早くみたいという気持ちになって、身体が前を向く。

横向きをしっかり保って、打ち終わるくらいのフォームにしましょう。

スマッシュを打たれる怖さがあっても、です。

 

■スライスのグリップに変えるのはOK!ただし・・・

いつものスピンストロークのグリップから、スライスのグリップに変更して打つのはOKです。

ですが、そこから「ロブしかない」と分かると、相手にテイクバックの段階でバレてしまいますよね。

必要なのは、スライスでも通常のストローク、ダブルスで並行陣相手なら足元にも打てるかどうか、です。

2種類のショットを同じ構えから打てる、ことが大事です。

それが出来て初めて、相手は迷い、迷うから反応が遅れるのです。

 

■ラリーに変化を付けるときに、「特別感」を出さないこと!

ロブもそうですし、ドロップショットもそうですが、何かラリーに変化を付けるときに「特別感」が出ているとダメ。

相手に気付かれないためには、「何事もなく、いつも通り」な雰囲気から「スッ」と技が繰り出せるように。

一番多いのが、ロブはやっぱり身体が開くことですよね。

このポイントを意識すると、相手にとって非常に嫌らしい相手になれますし、ショットも決まりやすい。

ロブなんて、まさにそうですね。

「ここで来るのかー!」と相手に思わせるには、演技力が必要なのです。

 

ぜひ練習の中で、自分のフォームについて周りから意見をもらいましょう。

今回のように、ロブを打つ前に何か自分のフォームに違いは無いのか?

身体が開いている?それ以外にも、何かばれるような要素は無いのか・・・を、聞いてみましょう。

自分で思い込むよりも、聞いたほうが早い。

ぜひアナタも、周りの仲間には教えてあげるようにしましょうね。

こういうGive&Take、成長するうえでは大事です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

    テニスの初心者の方は、なかなかボールに回転をかけるのが難しい。…

  2. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

    ショートクロスを試合の中で使っていく。テニスの試合に出ている人…

  4. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

    ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
  2. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  4. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  5. ボレー

    ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーに…
PAGE TOP