テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない。

まともにストロークで勝てない、と思ったらどんどんドロップショットを使って相手を前におびき出す。

逆襲されることもありましたが、後ろで打ち合う本格派のジュニア選手にはまともに戦っても勝てない・・・ですからね。

アナタは私のような「ドロップショット使い」の相手に対して、作戦はありますか?

しっかり準備しておかないと、本格派な選手ほど、こういう技巧派に苦戦してしまいますよ。

 

シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

 


 

■ドロップショットの使い手にも、色々なタイプがある

私はドロップショットの使い手にも、特徴があると思っています。

大きく分けると、こんな感じに分類出来る。

 

・チャンスボールでドロップショットを混ぜて来るタイプ

・ピンチになるとドロップショットを使うタイプ

・「リターンから」のように打つタイミングを決めてくるタイプ

・相手のポジションを観て決めて打つタイプ

 

あくまで私の感覚ですが、圧倒的に多いのはチャンスのようなコントロール出来るボールで混ぜてくるタイプ。

ドロップショットを使う、ということは相手もリスクを伴う訳ですから、しっかりチャンスで相手が深いボールを警戒しているときに打ってくることが多い。

また、大人やベテランの選手で多いのが上手く「逃げ」で使う2つ目のタイプ。

ラリーの中で押されているときに、あえて混ぜることで相手の意表を突く、高い技術が求められます。

他にも2タイプ挙げましたが、「タイミングを決めて打つ」のはダブルスの試合、特に女性で多いように思います。

ドロップショットは相手を前におびき出す「作戦」ですから、「いつ実行か」が決まっているとダブルスでも使いやすい。

また冷静に相手のポジションを観察して、ベースライン1メートル以上下がったら使ってくる、という観察眼に優れた選手もドロップの使い手には多いです。

まずはこういったタイプに分類出来る、自分の相手を冷静に観て判断出来るようにしておきましょう。

 

■試合開始最初の4ゲーム、で決めてしまおう!

試合の最初の4ゲーム、で相手のタイプを見極める。

ここでドロップショットを使って来ないような相手なら、技巧派では無い。

使ってくるのなら、最初の「使い方」が一番自信があるはずですから、しっかり覚えておく。

相手がドロップショットを打ったとき、自分のポジションは?ラリーの形勢は?を考えると、相手の心理も透けて見えますよね。

とにかく最初の試合の入り、で見極める意識が大事です。

 

■ドロップショットは「最高の反撃チャンス」と心得よ

相手の特徴が把握出来る、何となく「そろそろ来そうだな・・・」と思ったら、しっかり前に走る準備をする。

前に走って、どこにどう打つかも、事前に決めておくこと。

ドロップショットは、読めてしまえば最高の反撃チャンスになってくれる。

相手は自分の攻撃で、自分の首を絞めてくれることになる。

こういう考えを持てれば、試合でも強い。

相手の武器を使って、相手を攻撃していく。

ラリーでポイントを奪い合うテニスには、必要な考え方です。

 

ドロップショット、攻略出来れば何も怖くありません。

その為に必要なのは、「アナタ自身も、ドロップショットを使ってみる」ということ。

使ってみないと、打つ側の選手の気持ちなんて分かりません。

自分も使い、相手にも対応する。

それが出来てこそ、強いテニス選手なのですから。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  2. テニス トレーニング

    ストローク

    フォアが振れない、もしそれが深刻なら

    試合に出るようになると、誰もが一度は感じる悩みじゃないでしょうか。…

  3. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

    テニスの試合、やっぱり勝負を分けるのは「フォアハンドの威力」。…

  5. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

    シングルスでもダブルスでも、「どのタイミングで攻撃して良いのか分からな…

  6. ストローク

    ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に

    ストロークのラリーで、クロスラリーが難しいと感じている方に今回…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?
  3. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ
  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  5. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと
PAGE TOP