テニス 打点

ストローク

「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、改めて。

相手が打った瞬間から、テニスは対応の素早さが求められる。

同時に、速くテイクバック、準備が完了すれば得られるモノも多い。

今回は、頭文字を取って5つの「K」にまとめてみました。

 

「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

 


 

1.1つ目のK:「攻撃出来る」

まず第一に、打点が前だと攻撃がしやすい。

打点が前なのでラケット面で角度を付けることも出来るし、力も伝わりやすい。

ラケットが充分に加速している状態でガットに当たるので、威力のあるボールで攻撃出来るはず。

打点が前、にならないと、現代テニスではずっと相手に押されて終わりです。

 

2.2つ目のK:「軽く打てる」

1つ目にも共通する部分ですが、軽く打てるということはテニスにとって重要なポイントです。

1回1回のショットが重いと、それだけで手首を痛めやすいし疲労も溜まる。

効果的に力を伝える為に、打点を前に確保することが大事になります。

本当に良い打点、で打てると、ほとんど力は要らないはずです。

 

3.3つ目のK:「回転がかかる」

スピン回転、スライス回転、テニスでは8割以上が意図的に回転をかけるショット。

これも、打点が前だから出来ることですね。

ストロークでもボレーでも、サーブだってそうです。

身体の奥や頭の後ろでボールを擦ってばかりの人、多いので打点を前にしてみましょう。

その回転の質、から変わってくるはずです。

 

4.4つ目のK:「コントロールが良くなる」

打点を前に取れると、ボールがラケットに当たる瞬間もよく見える。

ボールを後ろから見れるようになると、自然とコントロールも良くなるはずです。

コントロールが悪い人のほとんどが、準備が遅くて打点が後ろになって振り遅れていることに気付いていない。

打点を前に確保出来れば、コントロールがグッと良くなるはずです。

 

5.5つ目のK:「勝てる」

そう、試合に勝てる。

これは、打点を前に確保するテニスが出来るようになると、自然に付いて来るもの。

最初は結果が伴わないかも知れませんが、試合に勝つために必要なのは準備の速さで打点を前、にすること。

アナタ自身のテニスを、大きく飛躍させていくはずです。

 

5つのK、もし練習中に思い出したら意識してみて下さい。

準備を速くって、なかなかそのメリットを感じ辛い。

現代のラケット、ましてや男性の学生の方だと腕の力で返球出来てしまいますからね。

でも、上のレベルで戦う為には間違いなく必要、なはずです。

5つのK、頭の片隅に置いて練習頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. ストローク

    当たり損ないは、減らせる

    私は、最近これに真剣に取り組んでいます。ラケットとボールで、…

  2. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本

    試合の中で、相手のストロークが伸びて来る。ここで押さ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに使ってみよう

    試合が行われるテニスコート、いつでも万全な状態なキレイなコート・・・と…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  5. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考え方

    最近のラケットの傾向は、軽いくせしてコントロール力がある・・・というも…

  6. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  4. その他

    何の代償も無く、強くはなれない
  5. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し
PAGE TOP