テニス ストローク

ストローク

アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。

そのショットから前に出て、ボレーで攻撃出来れば最高・・・ですが、攻撃が弱いと相手からの反撃も喰らいやすい。

今回は、アプローチショットの下半身の使い方について。

軸足を意識して使うだけで、一気にミスは減って重たいショットになると思いますよ!

 

アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

 

1.上半身の動きだけでは、絶対に安定しない

浅いボール、相手をせっかく攻撃しようと思っているのに・・・そこで、ミス、ミス・・・。

相手からすると、何て戦いやすい相手なんだろうと思いますよね。

こういう人は、上半身だけで打とうという意識が強過ぎ。

本人は意識していなくても、毎回微妙に打ち方が違うんですよね。

変えるべきは、下半身の使い方。

ちょっと意識するだけで、全く違う「重いアプローチショット」が打てるようになりますよ。

 

2.ストロークのときの軸足、意識出来てる?

例えば、右利きの方のフォアハンド、前足重心なら前足。

少し深いボールで後ろ足重心なら後ろ足、になります。

今回は少し浅いボールを攻撃していくアプローチショット、ですから、前足が軸足になりますね。

左足で踏み込んで、打つ時にしっかりその左足でコートを蹴るようにキック!してみて下さい。

ボールに力を与えるのは、下半身でコートを蹴る力、です。

この力がボールに伝わると、すごくボールは重くなる。

女性の方でも、楽にボールが飛ばせるようになりますよ。

早く準備、テイクバックして打点に入る、そして打点が高いうちにキックしてボールを捕らえてみて下さい。

ジャンプ!するくらいの意識で良いと思いますよ。

 

3.ジャンピングショットって、実は華やかなようで基本のショット

プロ選手の試合を観ていると、結構ジャンプショットって多いですよね。

あれは、高い打点で打つ、のも大事な要素ですがそれよりもコートから力をもらうような意識があるから、ああいう感じのショットになっているんです。

これは、私たちも使える基本。

軸足でコートを蹴って、ボールに力を伝えること。

この攻撃力が身に付けば、アプローチショットはパワーアップするし安定する。

上半身だけのショット、よりも各段にレベルアップするはずです。

 

要は、サーブと同じですよね。

サーブも前足となる軸足でキック、ジャンプするからボールに力が伝わりやすい。

重たいショットは、いつも下半身から。

このことだけは、テニスの基本として覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

    試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。クロスにし…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミング」を合わせてみよ…

    「早く準備すること」を第一に考えていても、リズムが取れなくて良いストロ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

  5. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

    ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  2. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
  3. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジショ…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球する…
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備してお…
PAGE TOP