テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げましょう!

ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!」と思ってもなかなか攻撃できない。

このボールを繋いでしまっては、良いストロークでせっかく揺さぶってもまた振り出しに戻ってしまいます。

色々と話を聞いてみると、浅いボールをアプローチショットで相手コートにコントロールするのに苦手意識を持っている方が多い・・・。

今回は、ネットミスを減らすようにしっかりボールの軌道を高く設定してみる、その為のポイントについて書いてみます。

 

テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げましょう!

 

■ネットプレイヤーがいないのであれば、低いボールは必要ない

ネットに相手がいない、つまりベースライン近くの相手に向かって打つ訳ですから、ネットの低い位置を通過させる必要はありません。

当たり前のことですが、今一度このポイントを押さえておきましょう!

軌道を高く、ネットの1~2メートル上に設定すれば、しっかり振り切ることで良いアプローチショットになります。

攻撃は継続しますので、あくまで締めはネットプレーで。

スライスでのアプローチでも、まずはネットしないように安全な高さを意識してネット上に目標を作って、しっかり打っていきましょう。

 

■回転量多め、軌道高めで、結果深めの良いアプローチに!

回転量が多いショットが打てると、ボールに遅さが出ますのでアナタが前に行く時間を稼ぐことができます。

良いアプローチの定義は色々ですが、相手が打つ瞬間に、アナタが最高のネットのポジションで待ち構えておけるショット、が大前提になるのです。

その為には軌道を高くすることで深く、さらに回転量を上げることで良い遅さのアプローチショットが完成します。

つい、欲が出てオープンコートでエースを獲りたいボールもあるでしょうが、そこはガマンしてまずは軌道の高さを出すことに集中しましょう。

 

■スライスアプローチのイメージが強いと弾道が低くなってネットします

少しお話に出たスライスのアプローチ、実際は最近あまり見なくなりましたよね。

一昔前、男性のシングルスプレイヤーはアプローチと言えば片手バックハンドスライス!だったと思いますが、今はスピン系でのアプローチが増え、スライスではパッシングショットが勝ってしまう場面が多いように見受けられます。

しかし、学生や一般の大会ではまだまだスライスでのアプローチショットは有効です。

ただし、しっかり軌道の高さを出さないと、今はストローク側の技術に屈してしまうでしょう。

スピンを主体に、たまにスライスも混ぜるとドロップショットとの相性も良くなります。

ぜひこの組み合わせにも、トライしてみて下さいね。

 

ベースラインから打ち抜く為に、浅いボールもストロークエースを狙うジュニア選手が多くなりました。

決して悪いとは言いませんが、ネットとの組み合わせ、コンビネーションを鍛えたほうがよりコンスタントにテニスの試合では結果を出しやすい。

アナタ自身、どうですか?

ストロークで勝負したい、であれば必ず前後のプレーでネット近くのプレーも増えてきます。

今回ご紹介したアプローチの軌道だけでなく、しっかり決めきるネットプレーも、継続して磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  3. テニス シングルス
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、相手のボールがバウンドする前に「足」から決めて形を…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い
  3. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  4. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
PAGE TOP