テニス サーブ

シングルス

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。

これは、結構シンプルです。

まず、ネットプレーが必要だと考えてますよね。

普通の人は、ネットに出ることが怖いし、ミスするようなイメージしかない。

でも、やっぱりこれじゃ勝てないんですよね。

特に、格上相手。

もう一度、シングルスに勝てる選手になる為に、必要なことを考えていきましょう。

 

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

 

1.綺麗に決まるボレー、必要無し

これは、上の試合でも一緒だと思います。

相手のパッシングショットに反応してバシッと決まるボレー、なんて少ない。

1試合で1回、あるかないか、でしょう。

それなのに、どこかこれをイメージしながらみなさんネットに出ていく。

そりゃ、上手くもいかないですよね。

アプローチを打って、前に出てステップ、相手のパッシングショットをバシッと決める。

これは、ほぼ無いと考えて良いでしょう。

 

2.意識したいのは、「山なりなボールを仕留める」ということ

これが、シングルスに必要なネットプレー。

相手を動かして、つないで来るボールを仕留める。

サービスラインくらいの位置で、待ち構えてドライブボレー、またはドロップボレーでも良い。

相手からすると、「前にいたの?」というポイント、を増やしていく。

この重要性も何度か書いてきましたが、シングルスで勝てる選手はこういうネットプレーを基本に考えています。

ローリスク、ミドルリターン、あまり危険を冒さずに、安定した結果を出す。

これが大事な考え方、でしょう。

 

3.ロブに対応出来ないから、前に出れない

きっと、これも大きな問題です。

シングルスの試合、前に出れない人はロブに対応出来ない、苦手意識がある。

スマッシュミスが怖いし、自信が無い。

でも、これもちょっとした意識の改革で変わると思いますよ。

シングルスの試合に強い、ネットプレーを活かせる人は、スマッシュもシンプル。

前に出過ぎない、で相手にロブを上げさせてスマッシュをまず、相手コートに入れる。

これだけですね。

「簡単そうに言うなよ」という声が聞こえてきそうですが、そもそもロブ待ち、で良いと思います。

シングルスの試合、パッシングショットを打たないでロブだけ、という方も結構多いですし。

特に女子シングルスの試合、ではこの考え方は大事です。

 

4.サーブ、リターンと組み合わせる

何より、シングルスの試合で勝てる人は、このタイミングを大事にしています。

サーブ&ボレー、リターンダッシュ、でネットに出るから強い。

相手にとって、最高のプレッシャーになりますからね。

やられた側は、ずっと試合で気になるし試合のペースが乱れていく。

サーブとリターンから前で出る、のは練習もすごくやりやすい。

決めて入る、決断力が大事ですね。

シングルスの試合では、ぜひ意識してみて下さい。

 

シングルスの試合こそ、ネットに出る。

これは、私たち一般プレイヤーに必要な考え方です。

ストロークが強い方も、前のプレーが入ると相手にプレッシャーをかけられる。

試合の中で異なるプレッシャー、をかけるということが、試合では大事。

ダブルスが主戦場の方は、なおさらぜひ、ですね!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  2. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

    シングルスの試合で、簡単に負けてしまう方へ。まず、大事なのはし…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  5. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

    普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣して…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

コメント

    • 上田
    • 2019年 5月 02日

    よく記事を参考にさせてもらっています。テニスを本格的にやっている子供に、ネットプレーを学ばせたいのですが、四大大会に出るような女子でネットプレーが得意な選手がいたら教えてください。録画をしておきたいので。

      • tomita
      • 2019年 5月 06日

      コメントありがとう御座います!
      私の世代で申し訳ないのですが、やはりヒンギス選手のボレーは非常に参考になると思います。

      打ち方だけでなく、試合での使い方やポジションもぜひ参考にしてみて下さい。

      YouTubeでも多く動画が上がっているかと思いますので、是非!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス
  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
  4. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問に…
PAGE TOP