テニス 計算

戦術

相手が打てるコースは、必ず限られている

テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。

これには、まず考え方から変えていかないといけません。

守備なんだけど、攻撃的に。

相手が打って来るということに、どういうスタンスで挑むのか。

ぜひ、みなさんも考えて欲しい問題、です。

大前提として、今回はその考え方の根底から。

みなさん、相手が「どこにでも打てる」と思って怯えてはいませんか?

 

相手が打てるコースは、必ず限られている

 

1.テニスというスポーツは、どこにでも「打てない」

極論ですが、まずネットがあるじゃないですか。

このネットよりも低い位置を通して、相手のコートに入れることは出来ません。

そしてそのネットは、真ん中と端で高さが違う。

これだけでも、相手にとっては打てるコースが「限られている」ということ。

テニスの試合は、ネットの中心、センターストラップ付近を通るボールが8割、というのも納得ですよね。

コートの広さだって、私は絶妙だと思いますよ。

無理したら、入らない。

テニスって、打てるコースが非常に限られたスポーツ、なんです。

 

2.打てるコースは、アナタが「絞らせる」ことが出来る

ネット、コートの広さ、に加えてアナタのポジション。

これが、相手の打てるコースを絞らせる最大の要因、になります。

守備が上手い選手って、相手の「打ちやすいコース」を消している。

気付いていない選手は、相手が打ちやすいコースを空けてしまっている。

まずは、ここに気付けるかどうかです。

相手の打てるコースは、「限定出来る」ことに気付いて欲しい。

それが出来ることで、テニスというスポーツの試合はすごく楽になります。

どこにでも打たれる、と思うからテニスの試合が苦しくなる。

そんなこと、ないですか?

 

3.相手の癖も、見極めよう

これも、大事なポイントです。

相手をよく見ていると、無理しているコース、得意なコース、色々見えてくる。

特にバックハンドなんかは、しっかりストレート、ダウンザラインに打てる選手って少ないですよね。

こういう意味でも、しっかり打てるコースは限られている、と思えば良い。

打てるコースが限られている、という前提の元で考えるから、気付くんですよね。

強い相手でも、基本は一緒ですよ。

「こんな、どこにでも打てる強い選手がいるのか・・・」と思ったときこそ、考え直して欲しい。

「いや、絶対に打てるコースは限られているんだ」と。

 

4.自分に置き換えてみると、どうだろう?

アナタ自身は、どうですか?

「今の、無理してしまったな・・・」と、気付いているかどうか。

相手のプレッシャーに負けたのか、欲が出たのか。

その原因を自分で考えられない限り、成長は無い。

打てるコースは限られている、と考えている人と、どこにでも打てると思っている人とでは、成長の度合いも違います。

そして、試合結果にこそ如実に現れていくでしょう。

どこにでも打てる人、はとっくにプロ選手になっている、体格の良い選手なはず。

私たちは、もっと現実的に、しっかり限られたコースで試合をしていくこと、を考えていきましょう。

 

確かに、理想は高くもたないといけない。

でも、テニスってやっぱり、難しいスポーツなんですよ。

「堅実なコース」は絶対に限られている。

だからこそ、試合ではそこをしっかりケアして、相手に対していく。

無理したショットは捨てて、しっかり確率論で考えていきましょう。

「つまらないテニスだな」と思う方もいるでしょうが、私はそうは思わない。

これこそ、楽しいテニス、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

  2. 戦術

    相手を見てプレーする、そのコツは?

    相手のポジションを、確認しながらラリーする。これは、テニスの…

  3. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

    勝負の世界で、勝ち残っていくには。テニスに限らず、だと私は思い…

  4. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

  5. テニス メンタル

    戦術

    先制攻撃のダメージは、最後まで残る

    テニスの試合でまず大事なのは、先制パンチ。これが試合の最後ま…

  6. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
  2. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?
  3. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  5. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします
PAGE TOP