テニス メンタル

戦術

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。

そのナイスショット、自分でしっかり分析できていないと試合では辛い。

実力以上に無理にしたショットなら、何も落ち込む必要は無い。

むしろ、そこまで追い込めているのであれば、固執して崩れていってくれる可能性もありますからね。

 

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

 

■相手のテニスと性格を考えてみよう

堅実なタイプか、無理してくれるタイプか。

これは、テニスにおいても性格的な部分が非常に反映されやすいことを意味しています。

「あ、シコラーかバコラーどうか、ですね?」という人もいますが、ちょっとニュアンスが違う。

我慢強いのか、それともちょっと無理してでも一気に形勢逆転を狙いたいタイプなのか。

まずはこの部分を、自分の中で相手を観察して想定を立てておく。

そして次に、客観的な実力部分を把握していきましょう。

 

■「実力以上のショット」で勝負してくる相手は怖くない

伸るか反るか、のようなショットに頼る相手は対戦してても楽。

時に偶然入るようなショットに悩まされるかも知れませんが、無理は絶対に続かない。

だからこそ、アナタ自身は「相手が無理してくれるようなシチュエーション」を増やすことに努めましょう。

前後に走らせたり、緩いスライスを混ぜたり・・・どの場面で相手が普通のショットを変えてくるのか。

変えてくるときは、どこかで無理している可能性が高いのです。

 

■ナイスショットをケアし過ぎて、大事な守備を崩さないように

私は相手の偶然のナイスショット、は捨てたい。

交通事故くらいに思って、忘れる。

むしろそこを意識し過ぎて基本の守備が壊れるのが、怖い。

守るべき基本は、きっと他にある。

たまにしか入らないショットが、たまたまポンポン入っても・・・アナタの頭は冷静に。

しっかり試合に勝つためには、一喜一憂は禁物です。

 

つい、相手の良いショットには対抗したくなる。

ですが、対抗するのもまずはじっくり腰を据えて。

しっかり客観性と作戦の根拠、持ち続けましょう。

ベースとなるのは、相手の実力をどうチェックして把握するか。

観察眼、鍛えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない覚悟を持って臨もう

    近年、増えてきているインドアテニスコート。非常にプレーがしやす…

  2. テニス メンタル

    戦術

    短い学生テニスの期間に、自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  3. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  4. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  5. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう

    気にしないようにしても、どうしても気になるもの。それはアナタ自…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです

    皆さんが試合をする相手は、どんな相手でしょう?草大会やオープン…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身…
  2. その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で使えるショートクロスは、「高い打点から起動高め」で振り切ってい…
PAGE TOP