テニス メンタル

戦術

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。

そのナイスショット、自分でしっかり分析できていないと試合では辛い。

実力以上に無理にしたショットなら、何も落ち込む必要は無い。

むしろ、そこまで追い込めているのであれば、固執して崩れていってくれる可能性もありますからね。

 

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

 


 

■相手のテニスと性格を考えてみよう

堅実なタイプか、無理してくれるタイプか。

これは、テニスにおいても性格的な部分が非常に反映されやすいことを意味しています。

「あ、シコラーかバコラーどうか、ですね?」という人もいますが、ちょっとニュアンスが違う。

我慢強いのか、それともちょっと無理してでも一気に形勢逆転を狙いたいタイプなのか。

まずはこの部分を、自分の中で相手を観察して想定を立てておく。

そして次に、客観的な実力部分を把握していきましょう。

 

■「実力以上のショット」で勝負してくる相手は怖くない

伸るか反るか、のようなショットに頼る相手は対戦してても楽。

時に偶然入るようなショットに悩まされるかも知れませんが、無理は絶対に続かない。

だからこそ、アナタ自身は「相手が無理してくれるようなシチュエーション」を増やすことに努めましょう。

前後に走らせたり、緩いスライスを混ぜたり・・・どの場面で相手が普通のショットを変えてくるのか。

変えてくるときは、どこかで無理している可能性が高いのです。

 

■ナイスショットをケアし過ぎて、大事な守備を崩さないように

私は相手の偶然のナイスショット、は捨てたい。

交通事故くらいに思って、忘れる。

むしろそこを意識し過ぎて基本の守備が壊れるのが、怖い。

守るべき基本は、きっと他にある。

たまにしか入らないショットが、たまたまポンポン入っても・・・アナタの頭は冷静に。

しっかり試合に勝つためには、一喜一憂は禁物です。

 

つい、相手の良いショットには対抗したくなる。

ですが、対抗するのもまずはじっくり腰を据えて。

しっかり客観性と作戦の根拠、持ち続けましょう。

ベースとなるのは、相手の実力をどうチェックして把握するか。

観察眼、鍛えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

    テニス選手としての頭の良さ。これって、皆さんはどんなところに感…

  2. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

  3. テニス ストローク

    戦術

    インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

    インドアコートでの試合、みなさんも経験あると思います。テニスス…

  4. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

    試合前に考えること。色々不安になることもあると思いますが、逆に…

  5. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを

    大事な試合を、1ヶ月後に控えているとき。皆さんはどんなことを考…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

特集記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  3. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?
  4. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している
  5. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている
PAGE TOP