シングルス

コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

テニスコートは、上手く守らないといけない。

どこに立つのか?は大きな問題ですよね。

でも、私たちはどうしても、何となくコートの中心に立ちたくなってしまう。

でもその意識だと、相手が「どこから打って来るのか?」に対応出来ないんです。

コートの真ん中に立つ、のが良い守備だという発想は捨てましょう。

より現実的、実戦的なポジションを意識出来るようになれば、もっと勝てるはずです。

全ては、まず先入観を捨てることが大事です。

 
 

ラインに、惑わされるな

目に見えるもの、に人は影響される

テニスコートには、ラインが引かれています。

当然ですよね、そうしないと、インかアウトかも分からない。

でも、それって、私たちにとってどんな影響があるでしょうか?

ここを、しっかり考えておかないとダメ。

みなさんも、例外ではありません。

目に見えるもの、から人は大きな影響を受けるのですから。

ラインが見えると、真ん中に立ちたくなる

つい、こうなってしまいますよね。

四角形があれば、その真ん中に立ちたくなる。

真ん中に立っていれば、少なくともバランス良く守れるような気がする。

でも、それは幻想です。

なぜなら、相手がどこに立っているのか、どこから打って来るのか、で大きく様相は変わるから。

テニスという競技は、本当に守備こそ難しいんですよね。

先入観を、捨てよう

みなさん、守備に自信はありますか?

テニスの試合で、相手が打って来る場面で、的確にコートを守る。

なんと、難しいことでしょう。

だからこそ、一度先入観を捨てましょう。

コートのラインが見えて、それに惑わされている自分に気付くこと。

全ては、そこから始まります!



「角度を付けられる」という意識を

テニスにおける、角度とは?

みなさんも、コーチから教わったり、話を聞いたりしていると思います。

「この場面では、角度を付けられるので…」と、コーチが説明して来る。

でも、それってみなさん、しっかり理解出来ていますか?

この角度が付けられる、という点を正しく理解していないと、コートの真ん中にただ立ってしまうという守備になってしまうんです。

コートの端からは、どこにでも打ちやすい

相手がコートの端から打って来る。

アナタ自身が、走らせて相手をコート外に追い出したような場面、を想像してみましょう。

こういう場面で、相手は苦しい?

いや、実際は、狙っていると思いますよ。

実は、コートの端、外側からの方が、テニスは色々なコースに打ちやすい。

ショートクロスも打てるし、外から巻いていくようあダウンザラインも打てる。

みなさんも、試合で経験あると思います。

カウンターを喰らう、それはアナタ自身の立つポジションが「ただの真ん中」だからです。

どこに立つべきか?

さぁ、ここからが本題です。

じゃあ、どこに立てば良いのか。

アナタ自身が、相手をコートの外に追い出して、どこで待つのか。

それは、「これが正解です!」というのはありません。

なぜなら、相手の性格や得意ショット、に寄るから。

ダウンザラインに思い切って打つような選手か、ショートクロスを狙うようなスタイルか、そもそも、そういう場面では高い軌道のショットで守るようなメンタルなのか。

様々、です。

どこに立つべきか、それは全てみなさん次第。

ただ、何となく毎回真ん中に立つ、というだけでは、勝てないでしょうね。

   

基本は相手に、難しい選択をさせること

クロスを守る、のが基本

私が試合をするときには、これを基本の方針にしています。

クロスに打つ、相手がほとんどです。

ストレートに打つ、というのは基本的にはリスクを伴います。

ネットは高いし、一発逆転のような雰囲気はありますが、あまり入らない。

そこは打たせる、くらいでちょうど良いと思いますよ。

無理して打ったショットは、相手の「弱点」になる

みなさんも、これは覚えておいて下さい。

相手に無理をさせる、でもそのショットが入る。

これは、よくあるケースでしょう。

でも、心配要りません。

確立の悪いショットが入っても、それはアナタ自身にとってマイナスではない。

相手は、それに固執してくれる方がアナタ自身にとっては、楽なはず。

2回連続、3回連続、で入る確率はどれくらいでしょうか?

私は、かなり低いと思いますよ。

本人は、かなり入ると思ってるかも知れませんけど。

ポジショニングで、プレッシャーを与えよう

アナタ自身が、真ん中に立っているということ。

それでは、あまりプレッシャーにはならないでしょう。

クロスを消すから、相手はストレートに無理したくなる。

いつでも、無難に守るような相手は怖く無いですよ。

思い切って、相手の攻撃を読む。

シングルスでは、特に大事な意識です。



何となく、守るという意識。

これを、捨てましょう。

テニスコートのラインに惑わされないで、もっともっと、現実的なポジションに立つ。

そうしないと、しっかり相手を仕留めることが出来ないですからね。

教わるというより、自分で気付くということ。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  4. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  6. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?
  3. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
  4. その他

    テニスにおいて、遠慮は保身
  5. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に
PAGE TOP