テニス ミス

リターン

リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

リターンをストレートに打つ。

ダブルスの試合では、これが出来ないと試合にならない・・・はずなんです。

でも、なかなかしっかり打てる人が少ない。

この問題について、真剣に考えてみませんか?

なぜなら、そこにチャンスがあるからです。

 

リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

 


 

1.なぜ、リターンをストレートに?

そもそも、この必要性を感じられるかどうか。

リターンをストレートに打つ。

正直、必要と感じていないとう方も多いと思います。

なぜなら、前衛が動くダブルス、というのを経験している人は多くないから。

草トー大会でも、「前衛がしっかり動く相手」って、実はそういないんです。

ほとんどが後衛の打ち合いで終わる。

そういう試合、が大半ですから。

 

2.前衛が動くペアは、なぜ少ないのか

それは、動かなくても勝てる試合が多いから。

実力差があって、後衛同士の打ち合いで押していけるようなら、前衛は必要ない。

押されている相手も、成す術が無い感じ。

前衛が動いて相手にプレッシャーをかける、なんてことはしないペアが多い。

だから、ストレートへ展開していく選手、がなかなかいないんです。

でも・・・です。

読者のみなさんは、試合に勝ちたいはず。

自分より格上の相手を倒したい、はず。

だったら、本気でこのストレートリターンを磨いていかないといけないんです。

 

3.戦術の選択肢として

私は、大事だと思います。

ストレートにリターン出来れば、それだけ選択肢が増える。

前衛が動いて来るペアは怖く無いし、後衛が強力なペアにはそのラリーを避けることも出来る。

何より、相手に精神的なダメージを与えることが出来ますからね。

リターンをストレートに打つのは、相手のセカンドサーブを強打して決めにいくときだけ?

それは、格下相手に出来る作戦。

格上相手は、そもそもファーストサーブをしっかり入れて来ます。

そう簡単にはいかないですよ。

 

4.良いサーブを、ストレートへ打てるかどうか

私は、これをぜひみなさんに意識して欲しい。

だって、相手は良いサーブを打って来て前衛がポーチ、の形を作って来るじゃないですか。

センターにサーブを入れてポーチ、ここでアナタ自身がストレートに打てるかどうか、です。

「センターに厳しいサーブをストレートになんて、無謀だよ」と思う方も多いでしょう。

でも、その考えでは、ずっとずっと相手前衛にポーチに出られてしまう。

良いサーブを、ストレートにリターンしていけるかどうか。

真剣に考えて、練習する。

そうすれば、きっと試合でも使える、必要性が見えて来るでしょう。

 

良いサーブは、なんとか返す。

の次、ですね。

相手の前衛が動いて来るでしょうから、そこでストレートを突いていくのは当たり前。

厳しい、難しい技術です。

だからこそ、身に付けていけば相手との差になる、チャンスなんです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  2. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

  3. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  4. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見…

  5. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  3. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  4. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
  5. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
PAGE TOP