テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台でも対応できます

試合は緊張する。

だからこそ面白いし、勝ったときに嬉しい。

特にテニスは、引き分けというのが無いスポーツ。

タイブレーク制度で、最後は強引に決着を着けてしまう残酷なもの。

そこに潜む「プレッシャー」について、試合以外の時間で考えておくことはたくさんあるかも知れません。

実際の試合になったときに、もしかするとその準備が、アナタ自身を助けてくれるかも・・・。

今回は3つに分けて、テニスの試合における「プレッシャー」について考えてみます。

 

テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台でも対応できます

 


 

1.試合会場でのプレッシャー

団体戦では、アウェイな雰囲気になることもしばしば。

相手の応援団が圧倒的に多い状況で、アナタはテニスをしたことがありますか?

毅然とした態度で、セルフジャッジもしっかり出来ますか?

こういった雰囲気になれるのには、トレーニングが必要。

他スポーツの観戦に行って、あえて「相手側」の席を体感してみたり、練習試合で「相手のみ応援される」みたいな経験を積んでおくのも良いでしょう。

後は、全て「自分の応援」だと思い込んでしまうのも手。

いずれにせよ、テニスの試合で勝ち抜くうえで「会場」からは何かしらのプレッシャーがかかるものだと認識しておきましょう。

 

2.対戦相手からのプレッシャー

試合巧者の相手、上位のシード選手は、はっきりとアナタにプレッシャーをかけてくる。

それはネットプレーであったり、ポイント間で時間を取ったるする、細かいことかも知れません。

彼らは、勝つ為には「相手にプレッシャーをかけて、ミスをさせる」ことが一番効率的だと知っているのです。

であれば、それを跳ね除けるような考え方と技術が必要。

攻撃に対しても冷静に、客観的に判断して逆にアナタがプレッシャーを相手にかけていく。

この心理戦に勝利しなければ、試合で勝ち進むのは難しいでしょう。

 

3.自分自身へのプレッシャー

試合で何か上手くいかない、スコアが離れていってしまう・・・。

そんなときに、自分自身へのプレッシャーで押しつぶされてしまいそうになった経験はありませんか?

「あんなに練習したのに・・・」と、悔しい想いばかりが湧いてきて試合どころではなくなってしまう。

それでは強いテニス選手にはなれません。

自分自身にプレッシャーを感じたときには、大きく深呼吸をして「今、出来ること」に目を向けてみましょう。

目の前の1ポイントを、まずは必死で獲りにいく。

良いプレーが戻ってくれば、自信が戻りプレッシャーからも解放されるはず。

楽しんで自分と会話できるくらい、このプレッシャーを味わってみて下さい。

 

「メンタルの弱さ」は、具体性の無さから生まれます。

誰しも、しっかり整理して準備出来れば、試合中も冷静になれる場面があるはず。

もちろん、それでもプレッシャーに負けてしまうことはあるでしょう。

でもそれならそれで、新しい対処法を考えるだけ。

プロ選手だって、みんなこのプレッシャーと戦っているのです。

さぁ、逃げずに戦う準備を仕込んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!

    テニスの実力、それぞれのショットは普通なのに、なぜか試合で勝ち上がる。…

  2. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと

    テニスの試合に、勝つ、負ける。これは、何もテニスコートだけで起…

  3. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  6. テニス 感覚

    メンタル

    格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

    格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。何度も自分を責…

特集記事

  1. その他

    1人1,000円の、学生草大会の意義
  2. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
  4. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう
PAGE TOP