その他

「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退した時だった。

テニスの技術や戦術だけでなく、体力や脚力、それから反応とか状況判断なんかも全て自己最高の出来だったと思う。

そこに行き着くまでには色んな道を通ったよ。

「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

 


 

ハードヒットで打ちまくったり、全てネットに出てみたり、ベースラインからかなり下がって粘りまくったり。

テニスだけじゃなく、トレーニングも色んなことをやった。

まず選手活動を始めた20歳頃は、トレーニングを行うという習慣を身に付けることが大変だったね。

高校の時は強制的に走らされていたから頑張っていたけど、コーチになってから選手になると自主的にやらなきゃいけないでしょ?

まだまだ試合の結果が出ていなかったから、トレーニングの重要性なんて感じていなかったしね。

だって負けた原因はどう考えても技術力の無さ

トレーニングよりもコートに立って練習する事の方が重要、って考えていたんだよ。

でもトレーニングの世界に引きずり込んでくれたのは、アグレッシブに頑張っていた先輩コーチたち。若手の俺を自分のトレーニングメニューに引っ張り込んで一緒にトレーニングをやったんだけど、誰かと一緒にハードなトレーニングに打ち込むって連帯感も生まれるし、苦しみも耐えられる。

そういうのを習慣にしていくと、今度はそのトレーニングで得たフィジカルの能力を何とかテニスの試合に活かそうと、気持ちが更にテニスへ向かっていくようになった。

トレーニングが習慣化されると、今度はその内容をより充実させようと、トレーニングをより自分向けに改良するようになった

自分向けとは、当然その時イメージしていた自分のテニス。

しかも20代前半で若かったから、その頃欲しかった「パワー」をトレーニングに求めた。

自分のトレーニング知識はまだ無いし、トレーニングジムの一般向けトレーナーに聞いても物足りないので、この頃からちゃんとしたトレーナーを探して、色んなトレーナーからトレーニングの話を聞いたり実際にメニューを作成してもらったりして、より強く、より速く、そして確実に成果を出せるトレーニングを行うようになっていく。

と同時に、テニスの場はアメリカ、スペインと海外へ移り、それを経て自分自身がトレーニングに求めるようになったものはハイパフォーマンスをどれだけ長時間持続できるか・・・になった。

一発凄いショットが打てても意味がない。
 



 

テニスは、いいショットを3時間の試合で続けられないといけない、って感じるようになったんだよ

トレーニングメニューもより厳しくなったのだが、それを集中力切らさず、質も落とさず持続させるために、インターバルの時間もしっかり管理してトレーニングをこなしていくメニューになっていった。

しかし20代も後半になっていくと、パワー系、スピード系の伸び具合が無くなってきたと同時に、疲労の回復が遅くなったことを感じるようになった。

もともと怪我は少ないタイプの選手だったけど、これじゃあ怪我をするのも時間の問題。

そこでトレーニングのメニューは、パワーやスピードを生み出す筋肉を作るだけでなく、それらの大きくて強い筋肉に対してバランスをとるための筋肉を、水泳やウォーキング、軽い負荷のチューブなどで補うことで、バランスの良い体作りと筋肉の質にもこだわってトレーニング。

緊張状態で歯を食いしばってトレーニングしているようじゃ、質のいい筋肉は作れない

多少負荷を落としてでも、リラックス状態を保った方がプレーにいい影響が出るって分かったんだよ。

こういったトレーニングを行った結果、32歳の引退まで自分のテニスは成長し続けることが出来たのだ。

流れとしては、トレーニングの習慣付けから始まり、そこからパワー系・スピード系のトレーニング、そして今度はそのパワーを長時間持続させるトレーニング、そして最後はそのパフォーマンスを連日きっちり怪我なくこなせるようになるためのトレーニングという感じだね。

トレーニングのやり方って色々あるけど、だいたいの人がこの流れに当てはまるんじゃないかな?

まずはトレーニングしていない人は、習慣付けることから始めよう。

習慣付けない限りは、あまり内容にこだわっても意味がないかも。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう

    私自身、中学高校と全国大会とは無縁だった。大学は体育会に入った…

  2. テニス サーブ
  3. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  4. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  5. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  6. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

    スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです
  2. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  3. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  4. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
PAGE TOP