テニス サーブ

サーブ

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

スピンサーブに必要な、身体の使い方。

男性でも、結構頑張って胸を張って身体を反るような使い方、を意識している方多いですよね。

でも、ちょっとした違いで、その反りがしっかり意味のあるものになるかどうか、が変わって来る。

ぜひ、意識してみて欲しいポイント、まとめてみます。

 

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

 

1.反った状態のまま、後ろでこすってない?

結構、こういう方多いような気がします。

トスを身体の後ろの上げて、身体を反るような感じにして・・・そのまま頭の後ろでこするような打ち方、になっている人。

私も以前、そんな感じでした。

「とにかく、身体を反らないと!」という意識が強過ぎたんですよね。

身体を反ったら、その反りを戻す力を使わないと。

結構、意味が無い感じになっている方多いと思います。

 

2.反った身体を、戻す動きで打点を前に!

これがスピンサーブの基本、です。

しっかり、身体を反らせたら、戻す。

ボールを打つ前に、戻すくらいのイメージで良いと思いますよ。

ボールを打つ前、にしっかりラケットが加速してパワーをボールに伝えないといけないですからね。

その為に、トスアップは前、です。

コートの内側にボールが落ちるようなトスアップ、に意識して変えていきましょう。

 

3.トスアップしてから反る・・・じゃ、遅いです

と、思いませんか?

こういう打ち方の人は、反った状態のまま、打点が後ろで打っている。

ただ、後ろの打点で打つために、身体を反らせているような感じ、ですよね。

そうじゃなくて、トスアップと同時にもう反っている状態、を早く作る。

トスアップ前に、胸を前に突き出す、張るような感じでも良いですね。

とにかく、「反りを戻す時間」をしっかり確保出来るように。

もっともっと、シンプルに早いタイミングで反って良いと私は思いますよ。

 

4.膝の動きも、合わせていこう

反りの戻し、のタイミングが分かったら、それに膝を併せていきましょう。

胸を張って身体を反りつつ、膝を曲げて低くなる。

その力を、同時に一気に開放していくから下から上の力強い回転がかかる。

女性の方でも、身体の使い方のポイントを押さえれば、必ず良いスピンサーブは打てます。

早く反る、膝を曲げて重心を低くする。

これだけ意識して、しっかり力強いスピンサーブを打っていきましょう!

 

思った以上に、「反ったまま」の人が多い。

男性のスピンサーブを観ていて、そう感じます。

せっかくパワーを溜めたなら・・・解放していかないと!

ボールを打つ前、に開放が始まる方がラケットが走る、良いサーブになるはずです。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

  2. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
PAGE TOP