テニス サーブ

サーブ

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。

これが自信を持って出来ている言える方、どれくらいいるでしょうか・・・?

実は社会人のテニスプレイヤー、スクールの上級者の方に聞いてみても「サーブは振り切る自信が持てない・・・」という方が多くいます。

もちろん練習量は必要ですが、まずはこの「振り切る」というラケット動作を客観的に考えてみましょう。

 

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

 


 

■ラケットを振り切る、ということはどういうこと?

ラケットを振り切る、ということをシンプルに考えてみましょう。

腕をしっかり伸ばした状態まで、自然にスィングが到達しているかどうかが一つのポイントになります。

ボールに当たったところで止めてしまう方も多いサーブですが、スィングの中にボールが入ってくるイメージが大切です。

その為には、もちろん正確なトスアップの練習も必要になりますね。

 

■振り切るスピンサーブは女性でも充分打てます

「振り切る」という言葉からは、どうしても速いスィングスピードをイメージしがちですが、ゆっくりでも振り切ることが大切です。

そうすることで、ボールに回転は必ずかかります。

まずいのは、ラケットに当ててラケットを止めてしまうこと。

俗に言う、「羽子板サーブ」になってしまうと、振り切るサーブへの道は険しくなります。

まずはゆっくり上にスィングする練習から初めて、そこからグリップを調整していきましょう。

 

■薄いグリップの習得は必要、思い切って変えてみる勇気が必要

「薄いグリップ」と聞いても、テニスを初めて間もない方はなかなかイメージし辛いですよね。

まず大切なことは、コーチや知り合いの方から教わったこと、本で見て学んだことをしっかりと自分で「実践」してみて下さい。

最初は間違いなく、「打ちにくい・・・」と感じると思います。

そこで身に付けるのに必要なものは、少しの勇気。

試合に勝つ為には、自分を変えていく勇気と決断力が必要です。

 

■ラケットは向きを変えながら頭上で動いていく

なぜ薄いグリップで振り切るのが難しいか・・・というと、サーブ独特のラケット動作にあります。

頭上では、手のひらと同じように小指から降り出して徐々に手のひらが返されていくような動きになりますので、ボールに当たる瞬間がまさに手のひらが前を向くような特殊な動きになります。

この返す動きで、ボールに回転をかけることができるのです。

振り切る意識でこの動作ができるようになれば、アナタのサーブは格段にレベルアップするでしょう!

 

いくつか動作のコツを書いてみましたが、大切なには出来るだけ全体をシンプルに、トスアップからのリズムを意識すること。

このリズム感はコート以外の場所でも練習できます。

イメージトレーニングを、ぜひご自宅でもやってみて下さい。

ラケットを持たなくても、腕をしっかり振る練習をしておけばサーブに必要な肩が出来上がってきます。

上にしっかり伸ばした状態まで振れるよう、試合をイメージしながらぜひ継続してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  3. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう

    サーブ&ボレー、なぜなかなか上手くいかないのか。この問題を考え…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

    サーブがどうしても苦手で、サービスゲームのキープ率が上がらない・・・。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知って…
  3. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
  4. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!
  5. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない
PAGE TOP