テニス サーブ

サーブ

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。

これが自信を持って出来ている言える方、どれくらいいるでしょうか・・・?

実は社会人のテニスプレイヤー、スクールの上級者の方に聞いてみても「サーブは振り切る自信が持てない・・・」という方が多くいます。

もちろん練習量は必要ですが、まずはこの「振り切る」というラケット動作を客観的に考えてみましょう。

 

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

 


 

■ラケットを振り切る、ということはどういうこと?

ラケットを振り切る、ということをシンプルに考えてみましょう。

腕をしっかり伸ばした状態まで、自然にスィングが到達しているかどうかが一つのポイントになります。

ボールに当たったところで止めてしまう方も多いサーブですが、スィングの中にボールが入ってくるイメージが大切です。

その為には、もちろん正確なトスアップの練習も必要になりますね。

 

■振り切るスピンサーブは女性でも充分打てます

「振り切る」という言葉からは、どうしても速いスィングスピードをイメージしがちですが、ゆっくりでも振り切ることが大切です。

そうすることで、ボールに回転は必ずかかります。

まずいのは、ラケットに当ててラケットを止めてしまうこと。

俗に言う、「羽子板サーブ」になってしまうと、振り切るサーブへの道は険しくなります。

まずはゆっくり上にスィングする練習から初めて、そこからグリップを調整していきましょう。

 

■薄いグリップの習得は必要、思い切って変えてみる勇気が必要

「薄いグリップ」と聞いても、テニスを初めて間もない方はなかなかイメージし辛いですよね。

まず大切なことは、コーチや知り合いの方から教わったこと、本で見て学んだことをしっかりと自分で「実践」してみて下さい。

最初は間違いなく、「打ちにくい・・・」と感じると思います。

そこで身に付けるのに必要なものは、少しの勇気。

試合に勝つ為には、自分を変えていく勇気と決断力が必要です。

 

■ラケットは向きを変えながら頭上で動いていく

なぜ薄いグリップで振り切るのが難しいか・・・というと、サーブ独特のラケット動作にあります。

頭上では、手のひらと同じように小指から降り出して徐々に手のひらが返されていくような動きになりますので、ボールに当たる瞬間がまさに手のひらが前を向くような特殊な動きになります。

この返す動きで、ボールに回転をかけることができるのです。

振り切る意識でこの動作ができるようになれば、アナタのサーブは格段にレベルアップするでしょう!

 

いくつか動作のコツを書いてみましたが、大切なには出来るだけ全体をシンプルに、トスアップからのリズムを意識すること。

このリズム感はコート以外の場所でも練習できます。

イメージトレーニングを、ぜひご自宅でもやってみて下さい。

ラケットを持たなくても、腕をしっかり振る練習をしておけばサーブに必要な肩が出来上がってきます。

上にしっかり伸ばした状態まで振れるよう、試合をイメージしながらぜひ継続してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  3. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないとダメ

    今回は、忘れられがちだけど、当たり前の話を少し。テニスの試合、…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

    シングルスとダブルス、テニスでは基本的にはこの2種類しか種目はありませ…

特集記事

  1. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    相手のハイボレー、の後が狙い目!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に
  5. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
PAGE TOP