テニス 練習

サーブ

ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット

ファーストサーブとセカンドサーブ、みなさんに伝えたいポイント。

サーブの威力じゃない、他の方法でポイント奪取力を高めていきたい。

そんな方には、この作戦がオススメです。

実はセカンドサーブ、だからこそ活きるある視点があるんです。

 

ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット

 

1.やり方は、すごく簡単!

結論から言いましょう。

やり方は簡単です。

ファーストサーブとセカンドサーブ、同じコースに打ってみる。

これだけ、です。

「そんなので、効果あるの?」と思うかもしれません。

でも、ちょっとアナタ自身がリターンの立場で考えてみて下さい。

同じコースに、速さが違うサーブが飛んで来る。

それだけで、きっとセカンドサーブが返球し辛くなるはずです。

 

2.タイミングが違うだけで、セカンドサーブは難しくなる

ポイントは、同じコースに打つということ。

同じコースでファーストサーブ、セカンドサーブを打つ。

すると、どうでしょう。

セカンドサーブを打って、相手がリターンする。

その相手からすると、「ファーストサーブと同じような感覚」で身体が反応してしまうんです。

遅いサーブなのに、「速い!」と勝手に思ってしまう。

ファーストサーブの残像が残っているんですよね。

だからこそ、遅いセカンドサーブに身体が泳いでしまう。

同じコースに打つだけで、相手のリターンが勝手にタイミングを外して崩れてくれる。

どうでしょう、イメージ湧きませんか?

 

3.グリップと打点を変えて、速度を変えるだけ

遅く打つ、と考えると難しい。

スウィングスピードを速くするだけ、で良い。

同じコースに、グリップと打点を変えて打つ、ことが出来るようになればバッチリです。

同じコースに打つ、というのって意外と難しいですよね。

でも、きっとサービスゲームのキープが上手い人って、こういう心理戦を仕掛けている。

リターン側の選手は、いつの間にかミスを重ねている。

アナタ自身、気を付けないといけないですね。

 

4.遅いセカンドサーブを活かす方法を、考えよう

これも、一つの策。

セカンドサーブをいかに、相手にとって「返球し辛いサーブ」にしていくのか。

今回の作戦は、視覚の錯覚を生むという作戦ですが、まだまだ色々あるはず。

セカンドサーブは守るだけ?で勝てる試合は限られる。

きっと、それもファーストサーブをどう使うか、次第でしょう。

大事なのは、ファーストサーブの後にはセカンドサーブがある、ということ。

さぁ、何が出来ますかね。

 

サーブに自信が無い人は、もうセカンドサーブになると自信喪失。

気持ちは分かりますが、それだと試合で消極的なプレーしか出来ない。

みなさんのサービスゲーム、どうでしょう。

まだまだ、アイデア次第だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に

    サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?…

  3. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

    サーブを打つ前に、しっかり相手を見る。私は、これが大事なことだ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

    テニスの試合で、肝となるのがセカンドサーブでの主導権の奪い合い。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう

    サーブのフォームチェック、意外と皆さんやっていない。大きな鏡が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    足下のボレーは難しい?本当に?
  2. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
  4. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  5. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
PAGE TOP