テニス コントロール

サーブ

サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。

このサーブは、いまだに試合でも苦労しています。

攻撃的にいきたいけど、やっぱり確率重視、どこで落としどころを見つけるか・・・と考えたときに、立ち戻りたい基本はこれ。

改めて、書いてみたいと思います。

 

サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

 


 

■サーブの打点は、最高到達点?

アナタ自身、サーブの打点は「高ければ高いだけ良い」と思ってはいませんか?

私もつい、この錯覚に陥りがちです。

人は一番高いことろ、でボールを打とうとするとかなり身体が伸びきった状態になる。

ボールに力を伝えるには適していませんし、そこからは下方向に打ち下ろすしか出来ない。

むしろ少しだけ低め、の打点で「上方向に力を伝えていける場所」がサーブの打点として、適しているのです。

一番自分が打てる高い場所、より20cmくらい下がべストの打点でしょう。

 

■上方向に伸び上がりながら打つから、ボールの軌道が山なりになる

サーブが安定している人は、その軌道を観れば一目瞭然。

最初の打ち出しの段階で、少しですが上方向にボールが打ち出される。

そこからネットの高い位置を通って、相手コートに変化してサービスエリアに入っていくサーブが、試合で使えるサーブです。

打点を少しだけ低めに取ることで、ボールが当たってから上に伸びていける余剰がありますよね。

この「余剰」がサーブを安定させるカギになります。

 

■ダブルフォルトは、圧倒的にファーストサーブネット、が多い!

皆さん、思い出してみましょう。

ダブルフォルトするときのシチュエーション。

圧倒的に多いのは、ファーストサーブをネットしてしまうとき。

その後のセカンドサーブ、が入らないのです。

まずファーストサーブから、しっかり山なりにして「オーバーフォルト」していくつもりで打ちましょう。

ネットを超えて距離が長くなったオーバーフォルトは、調整が効く。

その為には、しっかり山なりな軌道に変えていく、打点を少し落としてでも上方向に抜けていく身体の動き、を意識してみましょう!

 

山なりなサーブは、かっこ悪いし弱いようなイメージもあるかも知れません。

ですがそれは、誤解。

直線的なサーブを打つには、物理的には2.5メートルくらいの身長が必要。

プロ選手だって、みんな山なりな軌道から変化させてサーブを打っている。

サーブに行き詰ったときには、ぜひこのポイントを意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  2. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる

    皆、部活の中でしっかりサーブ練習やってる?サーブが大事って試合…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・

    よく「トップスピンサーブのコツを教えて下さい」と言われるんだけど、そう…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  2. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  3. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
  4. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!
  5. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
PAGE TOP