テニス サーブ

サーブ

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

サーブが入らないと、テニスは試合にならない。

初心者の方、テニスを始めて間もない方は、このサーブが一番厄介な問題だと思います。

そこで今回は、有名な練習方法を改めてご紹介。

テニス雑誌などで何度も紹介されていますので、実践した方も多いと思います。

しっかり山なりで安定したサーブを身に付けるには、とっても良い練習です。

 

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

 


 

■椅子を使えば、どこでも出来る練習です

サーブを打つ練習、これを椅子に座って打つことがこの練習。

「そんなの簡単じゃん!」と思った方、まずはやってみて下さい。

椅子に座ると、まず下半身の動きを固定される。

ですので少しのトスアップの乱れが、そのままサーブの乱れになってしまいます。

また打点が低いので、確実に山なりな軌道にしないとサービスエリアに入らない。

基本的な考え方を身に付けるのに、椅子に座ってサーブを打つというのは大事な経験になります。

 

■ボールに回転をかける動きをしっかり覚えよう!

最初は当てるだけのサーブでも良いのですが、初心者の方にもぜひ回転をかけるサーブを覚えてもらいたい。

その為には、コンチネンタルグリップを覚えて練習する必要があります。

ストロークの握りと同じグリップを、初心者の方は早く卒業しなければ良い回転が身に付きません。

その為にも、椅子に座った練習は「回転をかける」ことに集中できる良い練習になります。

前を向くことが出来ませんので、横向きのままでいかにボールにラケットで回転をかけるのか・・・。

自分で試行錯誤してみることが、一番大事。

先輩のみなさんも、答えを教えるのではなく初心者の方、新入生の方が自分で考える時間を作ってあげましょう。

 

■椅子が無ければ、膝をコートについた状態で練習

もし椅子の準備が難しいようであれば、膝を地面についた形で練習してみましょう。

この形のほうが、難しいです。

意外と腹筋や背筋、体幹の筋肉が必要なことに気付くはずです。

そうなると、より一層、トレーニングにも身が入りますよね。

サーブを安定させる為には、こういった低い打点から山なりに、体幹を使って回転をかけるサーブの練習が不可欠です。

 

この練習に慣れておくと、立って普通に打つ時に、「入りやすい!」と良い錯覚を覚えます。

高いところから、しかも山なりに打つ癖が付いていれば、そうそうネットはしない。

ネットミスしなければ、サーブは間違いなく安定していきます。

大抵、テニスの試合でダブルフォルトが多い人って、ネットが多いんですよね。

この練習で初心者のうちから、良いサーブの軌道イメージを養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. サーブ

    30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

    試合で、サービスゲームをどう考えるのか。色々考えた結果、私は最…

  2. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定…

    サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しな…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

    シングルスとダブルス、テニスでは基本的にはこの2種類しか種目はありませ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと
  3. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を…
  5. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
PAGE TOP