テニス サーブ

サーブ

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

サーブが入らないと、テニスは試合にならない。

初心者の方、テニスを始めて間もない方は、このサーブが一番厄介な問題だと思います。

そこで今回は、有名な練習方法を改めてご紹介。

テニス雑誌などで何度も紹介されていますので、実践した方も多いと思います。

しっかり山なりで安定したサーブを身に付けるには、とっても良い練習です。

 

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

 

■椅子を使えば、どこでも出来る練習です

サーブを打つ練習、これを椅子に座って打つことがこの練習。

「そんなの簡単じゃん!」と思った方、まずはやってみて下さい。

椅子に座ると、まず下半身の動きを固定される。

ですので少しのトスアップの乱れが、そのままサーブの乱れになってしまいます。

また打点が低いので、確実に山なりな軌道にしないとサービスエリアに入らない。

基本的な考え方を身に付けるのに、椅子に座ってサーブを打つというのは大事な経験になります。

 

■ボールに回転をかける動きをしっかり覚えよう!

最初は当てるだけのサーブでも良いのですが、初心者の方にもぜひ回転をかけるサーブを覚えてもらいたい。

その為には、コンチネンタルグリップを覚えて練習する必要があります。

ストロークの握りと同じグリップを、初心者の方は早く卒業しなければ良い回転が身に付きません。

その為にも、椅子に座った練習は「回転をかける」ことに集中できる良い練習になります。

前を向くことが出来ませんので、横向きのままでいかにボールにラケットで回転をかけるのか・・・。

自分で試行錯誤してみることが、一番大事。

先輩のみなさんも、答えを教えるのではなく初心者の方、新入生の方が自分で考える時間を作ってあげましょう。

 

■椅子が無ければ、膝をコートについた状態で練習

もし椅子の準備が難しいようであれば、膝を地面についた形で練習してみましょう。

この形のほうが、難しいです。

意外と腹筋や背筋、体幹の筋肉が必要なことに気付くはずです。

そうなると、より一層、トレーニングにも身が入りますよね。

サーブを安定させる為には、こういった低い打点から山なりに、体幹を使って回転をかけるサーブの練習が不可欠です。

 

この練習に慣れておくと、立って普通に打つ時に、「入りやすい!」と良い錯覚を覚えます。

高いところから、しかも山なりに打つ癖が付いていれば、そうそうネットはしない。

ネットミスしなければ、サーブは間違いなく安定していきます。

大抵、テニスの試合でダブルフォルトが多い人って、ネットが多いんですよね。

この練習で初心者のうちから、良いサーブの軌道イメージを養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからストロ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です

    左利きのサーブに苦手意識があり、結果的に試合で勝ち進めない。「…

  3. サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  4. サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きにして…

特集記事

  1. テニス タオル
  2. テニス 練習
  3. テニス トレーニング
  4. テニス ガット
  5. テニス ラケットバッグ
  1. テニス 部活

    その他

    テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」と…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  3. ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底…
  4. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ…
  5. サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
PAGE TOP