テニス メンタル

サーブ

サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

良いサーブは、安定したトスアップから。

分かっているけど、なかなか自分の思い通りに上がらずにやり直してばかりでリズムがつかめないと悩んでいる方に、ちょっとしたアイデアを。

ボールを持った手ばかりに意識がいくと、ついボールばかりを見ながらトスを上げてしまうケースが多いようです。

ボールを思い通りの場所に投げるには、その場所を早いタイミングから観ることをお勧めします。

 

サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

 


 

■良いコントロールは視覚の調整から

野球のピッチャーが目標とするキャッチャーのミットを集中して見続けるように、テニスも同じです。

ラケットで打つボールを的確な場所にセットするトスアップも、その「上げるべき場所」を見続けることでコントロールが向上します。

具体的には、早く上を向いてアゴを上げた態勢を作ってしまうこと。

そうすることで、自然にトスの軌道が安定するでしょう。

人は見た方向にボールを投げる、飛ばすほうが断然安定します。

 

■上を向くトレーニングは、テニスでは必須です

上を向く、という動作って、なかなか日常生活の中ではありません。

ですがテニスの試合中には、サーブ、スマッシュ、ハイボレーと意外と多い。

屋外の試合ではまぶしい太陽が目に入りますし、普段から上を向いてラケットを振る、という動作をしっかりトレーニングしておく必要があることは、あまり知られていません。

スマッシュが苦手な人は、まず首の筋肉を柔らかくして可動域を拡げることも大事。

ウォーミングアップ時からしっかり、首を回したりしながら意識しましょう。

 

■トスアップで上を向いたら、ボールを打つまでそのままに!

サーブの話に戻します。

せっかく良い位置にトスアップできても、打つ前に目線をそらしたりする人が多い。

これでは打点も安定しませんし、身体が前に突っ込んでしまうサーブになる。

大事なのは、インパクトまで顔を残しておくこと。

早く結果を見たい気持ちも分かりますが、そこはしっかり我慢して打った場所に目線を残すようにしましょう。

つまり、上を向いた状態をかなり長い間保つことになる、ということです。

そして最後にもう一つ、少しトスアップは低め・・・に調整するのがお勧めです。

 

サーブに苦手意識がある人って、トスアップからボールを打つまでどこかぎこちない。

情緒不安定な感じになっている方が多いように思います。

早く上を向いてしまえば、視界に拡がるのは空、またはインドアなら天井のみ。

余計なものが視界に入らないので、逆に精神的には安定する・・・はずです。

ぜひ一度、意識して試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  3. サーブ

    正射必中、サーブも同じ

    ふと、高校時代を思い出して…。私の高校は、テニスコートの隣に…

  4. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件

    ダブルスの試合って、みなさんサーブは「先に打ちたい派」ですか?…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!
  2. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
PAGE TOP