テニス メンタル

その他

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

今まで色々な学校から上位選手を集めて、練習会みたいなイベントを企画したことがあった。

練習会と言っても、どちらかというと練習メニューをみんあで体験してもらって、それを各部活に持ち帰って実践してもらうのが狙い。

アナタ自身、もしテニススクールや外部の練習会等に参加する機会があれば、ぜひ積極的に練習内容を吸収して欲しい。

そして後輩にしっかり説明してみることが、自分自身の理解と成長に繋がります。

 

新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

 


 

■普段の練習が、「居心地が良い場所」になってはいないか?

テニスは楽しく、みんなで練習大いに結構。

但し、試合に勝ちたい、団体戦でも上位を狙いたいのであれば、練習自体が試合よりも厳しいものにしていく必要があります。

それは、ただ走る量を増やす、振り回しを厳しくする、というのでは意味がありません。

実戦的で、新しい練習方法をどんどん取り入れているかどうか。

練習自体が、みんなが慣れた雰囲気でダラダラと打つだけになっていないか・・・。

再度、危機感を持って客観的な視点で考えてみるようにしてみて下さい。

 

■やらされる練習が嫌なら、自分達で考えるしかない

以前、高校生のテニス部員からこんな相談がありました。

「顧問の先生がテニスを教えてくれない、先輩たちから基礎的な練習しかさせてもらえない」というもの。

確かに、同じような悩みを持つ部活で頑張る学生さんは多いと思います。

自分で考えて、自分で工夫しながら練習してみませんか?

まずは外の世界、スクールや他の学校、別な種目の部活でも良いので、たくさん観て自分なりに考えてみて下さい。

ポイントは、先入観を無くすこと。

今までの練習メニューの延長線上で考えるのではなく、思い切って変えていけるような考え方を持ちましょう。

 

■どんなレベルでも、人にテニスを伝えることが大事

みなさん、基本的には自分のテニスを良くしたい、強くなって試合に勝ちたいという方が多いはず。

その為にも、ぜひテニスを人に伝えたり、後輩に教えたりということを実践してみて下さい。

勉強でもそうですが、人に教えることが自分の知識の確認に繋がり、最高の勉強になりますよね。

テニスも同じです。

人から聞いたり、自分がもらって効果的だったアドバイスはぜひ、周りの人にも伝えてチームを強くしていきましょう。

 

テニスはちょっとしたコツやきっかけ、意識の持ち方で上達のスピードは大きく変わります。

それくらい、「言葉」には力がある。

すぐには難しいかも知れませんが、ぜひアナタ自身、力のある言葉を人に伝えて表現できるようになって欲しい。

そのときはきっと、テニスを通じて人間的にも成長できているはずです。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  2. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  3. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  5. その他

    今年一年を、振り返ってみて

    まだ12月26日、木曜日。少し早いですが、私自身T-PRES…

  6. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?

    レベルアップして、試合でより上に勝ち上がれるようになったり、更に高いレ…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト
  2. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶…
  3. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
  4. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント
  5. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
PAGE TOP